連載「Sports From USA」―米国に複数種目にまたがる二刀流選手が生まれる理由

「THE ANSWER」がお届けする、在米スポーツジャーナリスト・谷口輝世子氏の連載「Sports From USA」。米国ならではのスポーツ文化を紹介し、日本のスポーツの未来を考える上で新たな視点を探る。今回のテーマは「“二刀流選手”が生まれる理由」について。

 ◇ ◇ ◇

 日本のスポーツ界の二刀流といえば、打者でありながら投手でもあるエンゼルス大谷翔平選手を思い浮かべる人が多いのではないか。

 米国では、複数の種目にまたがる二刀流選手が多くいる。

 伝説の万能選手、ジム・ソープ。1912年のオリンピックでは五種競技と十種競技で金メダルを獲得し、1913年にはメジャーリーグニューヨークジャイアンツと契約。学生時代からアメリカンフットボールをしていて、プロのアメフト選手でもあった。MLBNBAの両方で優勝経験のあるジーン・コンリー。MLBNFLオールスター選手に選ばれたボー・ジャクソン。女子ではオリンピック陸上競技で優勝し、その後はゴルファーとして全米女子オープンで優勝したベーブ・ディドリクソン=ザハリアスら。最近では、MLBNFLから1巡目指名を受けたカイラー・マレーが、NFLに進路を絞ったことなどが話題になった。

 米国では高校運動部もNCAA(全米大学体育協会)もシーズン制。秋はアメリカンフットボールや陸上種目の一種であるクロスカントリー、冬はバスケットボールアイスホッケー、春は陸上競技や野球、ラクロスなどに分かれている。高校は各州の統括組織が、シーズンの練習開始日と終了日を決めていて、シーズンのオンとオフがはっきり分かれている。

 そのため、例えば、秋にアメリカンフットボールをやっている生徒は、冬にバスケットボールをし、春には陸上競技をすることができる。それだけではない。米国の中学生高校生は複数の運動部に参加しながら、オーケストラ吹奏楽などの音楽や、演劇、生徒会といった活動と掛け持ちしている生徒もいる。

『日本の部活 文化と心理・行動を読み解く』(尾見康博・ちとせプレス)は、米国と日本の運動部を比較して、日本は一途主義であると指摘している。日本では、掛け持ちして、どちらかがおろそかになってはいけないという考え方や、いったん何らかの活動に参加したら、最後までやり抜くことが良いとされているからだ。一方の米国では、運動部やその他の活動の指導者は、子どもたちに対して「時間管理」をすること、その都度、「優先順位」をつけて行動することを求めるが、複数の活動に参加することには寛容だ。

米国システムの課題、各部の入部を一部生徒が「総取り」することも

 しかし、シーズン制で複数のスポーツ種目をすることや、他の活動と掛け持ちすることが、全面的に素晴らしいシステムとは言い切れない。

 連載の第1回でもお伝えした通り、米国の高校運動部はトライアウト制である。集団競技では、トライアウトに受からなければ、運動部の一員になることができない。運動能力が高く、さまざまなスポーツをやりたい生徒は、複数の運動部で主力選手になることがある。その陰で、運動の苦手な生徒は、どのトライアウトを受けても不合格になり、3シーズンとも希望した運動部に入部できないことも起こり得る。

 先に、米国ではスポーツ活動と音楽や演劇活動を掛け持ちしている生徒もいると述べた。ここでも同じことで、運動部のスタメンでありながら、音楽や演劇のオーディションにもトップ合格する生徒がいる。しかし、運動部のトライアウトもダメ、音楽のオーディションもダメという生徒もいる。高校レベルでは、何をやってもそれなりにできる生徒がいて、心ならずも彼らが総取りする形になるのだ。

最近は早くから一種目に絞る傾向も

 ただし、米国でも、最近では万能選手が減りつつあり、一種目に絞る傾向にある。トライアウトの競争の激しい学校運動部や、さらに強豪大学進学やプロを狙う生徒は、学校運動部のシーズンが終了すると、同じ種目を学校外の民間チームで行い、通年で同じ種目をするようになっている。例えば、秋には学校のサッカー部に所属するが、秋のシーズンが終われば、冬、春、夏は民間のクラブチームサッカーを続ける生徒が増えてきている。野球なども同様だ。

 ジム・ソープぐらい飛び抜けていれば、1年のうち3か月の活動でも、他の選手に勝てる。大谷翔平だから、メジャーリーグでも投打にわたって素晴らしいパフォーマンスができる。しかし、メジャーリーグでもどちらかに集中しなければ、生き残ることのできない選手のほうが圧倒的に多いのが現実。さらに上を目指し、競争を勝ち抜くためには、学校運動部の3か月の活動だけでは足りない。

 けれども、少年期から特定の種目に限定して活動することは、同じ動きを繰り返すことになるため、オーバーユースのリスクが高まると言われている。そういった背景もあり、米国では改めてマルチスポーツが推奨されている。(谷口 輝世子 / Kiyoko Taniguchi)

谷口 輝世子
 デイリースポーツ紙で日本のプロ野球を担当。98年から米国に拠点を移しメジャーリーグを担当。2001年からフリーランススポーツライターに。現地に住んでいるからこそ見えてくる米国のプロスポーツ、学生スポーツ子どもスポーツ事情を深く取材。著書『帝国化するメジャーリーグ』(明石書店)『子どもがひとりで遊べない国、アメリカ』(生活書院)。分担執筆『21世紀スポーツ大事典』(大修館書店)分担執筆『運動部活動の理論と実践』(大修館書店)。

カイラー・マレー【写真:AP】