photo_e

StockSnap/pixabay

 目の前で、愛する男性がひざまずいプロポーズ…そんなロマンチックシチュエーションは、バーチャルだけでなく現実にもあるようだ。海外ならね。

 プロポーズする男性は、入念に下調べを行い、完璧なロケーションとタイミングチョイスし、決め台詞も猛特訓してたりなんかする。

 とあるカップルにも、そんなワンシーンが訪れた。その時の写真はSNSに投稿され、すごい勢いで拡散されていったのだけど、その理由が規格外だった。

 義母が写真に収められた2人のポーズを一生の記念にと、ペンダントトップにしてしまったのだが、どう見ても男性のアレがアレにしか見えないという人が続出してしまったのだ。

―あわせて読みたい―

ゲーム好きな男性がプロポーズをマリオで演出。彼女大感激!!
ドキがむねむね!プロポーズを決意した男性の心拍数を記録した映像
娘かわいさのあまり...プロポーズされている娘に「ノーと言え!」の看板を見せるおちゃめな父親(アメリカ)
子どものやることだから?母親がプロポーズされてる最中にズボンをおろし、ひとりで放尿しちまった3歳の男の子(アメリカ)
ビッグマックに指輪を仕込んで...サプライズなプロポーズ大作戦!

義母のアイデアでシルエットがペンダントトップに

 今から7か月ほど前、海外掲示板Redditに、ユーザーネーム「u/zevHS」が2枚の画像を投稿した。

photo_e0


 左はプロポーズ時の写真で、公園で男性がひざまずいて指輪を女性に差し出している。女性の驚き具合から、恐らく完全なサプライズだったのだろう、写真からは2人の幸せそうな様子が伝わってくる。

 そして右は、左の写真のシルエットを象ったペンダントトップだ。どうやら、男性の義母にあたる人物が、ロマンチックプロポーズの光景を一生の記念にとペンダントにしたらしい。

 ペンダント製作者は凄腕だった。しかし、小さなペンダントトップで写真に忠実なシルエットを反映させると、どうしてもこうなってしまうのだ。

 男性の指輪を差し出していない方の腕が、“アレ”にしか見えないと、ユーザーらから大きなざわめきが起こったのだ。

photo 3_e

Master1305/shutterstock

・手が…息子スティックになってる!!!

・デ、デカい…。

・女性がYESといった理由は、やっぱりこのサイズだからだろう。

・いやいや、アレにしては位置が上過ぎるぞ!

・うわ、これはついてない…。
→・気になるならこの部分を切り落とせば問題ないよ。

・正直、アレに見えるからというよりも、わざわざオリンピックメダルのようなペンダントにした義母にイラつくわ。

ペンダントの写真を見て「へぇ~クール!」と思ったけど、アレが目についた瞬間「オゥ…」って思っちゃった。

ペンダント作った人、仕上がり見て疑問に思わなかったのかな。

プロポーズの瞬間にしては、アレはさほど興奮していないようだ。

・女性は手で口を押えているので、とりあえずアレを拒否ってるぞ。

・じっくりズームインして見るまで気付かなかった…。

さらにSNSで拡散される

 Redditでも大きな反響を呼んだこの写真だが、つい最近インスタグラムアカウントAwkward Family Photo(気まずい家族写真)」に投稿されると、再びユーザーらがざわついた。


 せっかくのプロポーズシーンが、義母のアイデアペンダントにしたことで、完全にロマンチックさが失われるという残念な結果になってしまったようだが、まぁこれはこれで、後々いい思い出の品となることだろう。

 でも、2人がどうしても気になるようなら、ユーザーコメントにもあるように、アレの部分をポキッと折ってしまえば問題解決…かな!?

References:UNILADなど / written by Scarlet / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52278716.html
 

こちらもオススメ!

―人類についての記事―

「お酒の席だから」は失敗の言い訳にならない。酔っ払っても善悪の判断基準は変わらないという研究結果が発表される
トーマス・エジソンの助手をしていたガラス吹き職人の手(閲覧注意)
あなたの記憶は本物? フェイクニュースは偽の記憶まで作り出す(アイルランド研究)
虫が苦手な男性。自宅の玄関前の大量の虫に思わずマトリックス避け
賢すぎる人あるある。知能が高すぎることで生じる6つの意外なデメリット

―画像の紹介記事―

高いところから失礼いたします。キッチンの上からやたら肉球を見せつけてくる猫ズ
その瞳はブルーサファイアのように輝いていた。青い目を持つ子鹿が保護される(アメリカ)
前足で喜びを表現。10日後に家に戻った時の息子(猫)、ばっちりハグ待ち。その様子に関する反応
鳥たちの逆襲はすでに始まっていた!?世界各地で目撃されているアウトレイジな鳥たちの現場写真
盲目のシカに付き添う少年。その親切な行いに触れた地域住民たちもまた、優しかった(アメリカ)
男性から女性にプロポーズした瞬間の写真がネットで拡散した理由。義母が作ったペンダントトップが...アレ似だった件