Credit: pixabay

Point

オオカミカラスは、お互いを尊重試合、関わり合う有益な相互関係を築いている

オオカミが仕留めた獲物の残りをカラスが食べる代わりに、カラスの警戒心は狩りの現場で追加の目や耳としてオオカミの役に立つ

オオカミカラスは、お互いにちょっかいを出してからかい合う良き遊び相手同士でもある

かつて世の嫌われ者だったオオカミ。その生息数は、米国政府が開始した報奨金プログラムの甲斐あって1930年代までに米国国内で数百匹にまで減りました。

ところが種の保存に関する法律の制定以降、オオカミの数は再び増えることになりました。

そして今オオカミは、別の嫌われ者の代表であるカラスと手を組みつつあるようです。

自然が生んだ奇妙なコンビ

オオカミカラスは生活を営む中で、お互いを尊重し合い、関わり合う有益な相互関係を築いています。

多くの動物が、オオカミの群れが殺したヘラジカやシカのおこぼれを頂戴する中、一番乗りにその場に姿を現すのはカラスたちです。

イエローストーン国立公園の生物学者たちが1995年イエローストーンへ再導入されたハイイロオオカミを調査したところ、オオカミの恩恵に最も預かっているのがカラスであることが分かりました。オオカミが獲物を殺害する現場に登場するカラスの数は平均で30羽で、最大で135羽にも上りました。

Credit: pixabay

野生生物の調査を行うAdirondack Wildlife, Inc. の報告によると、「オオカミが群れで狩りを行う本当の理由は、カラスに譲る獲物の分け前を最小化するためである」ことを示す最新の研究もあるのだとか。カラスは肉の塊を次々に運び出しては、死骸の実に3分の1をちゃっかり自分たちで戴いてしまうこともあるほどだそうです。

オオカミにとっての利点

とはいえ、得をしているのはカラスの方だけではありません。生物学者のバーンド・ハインリッヒ氏は自著の中で、「狩りの現場では、カラスオオカミよりもずっと疑い深く、警戒心が強い生物だ。カラスは、追加の目や耳として、オオカミの役に立つ」と記しています。

そればかりか、カラスは動物の死骸や近くにいる獲物の元までカラスに道案内をする可能性もあるのだそう。オオカミは、食べ物を意味するカラスの鳴き声やその他の行動に反応するのです。空に飛び立ったカラスの後を、カラスが追いかける姿は珍しくありません。

加えて、オオカミカラスはお互いの良き遊び相手でもあります。カラスオオカミの群れにダイブして、すぐに飛び去る様子が時折観察されます。また、カラスオオカミの尻尾をつついてオオカミに後を追いかけさせたり、その反対にオオカミの子供がカラスを追いかけ回してからかうこともあります。

Credit: Eddy Smalley/BirdNote

オオカミカラスと奇妙な相互関係を築く一方で、生態系全体に驚くほどの影響をもたらしています。イエローストーン国立公園への再導入の結果、オオカミたちは生態系の全体性の維持における捕食者としての自らの役割の重要性を示し続けているのです。

オオカミカラスの関係は、「自然の中ではすべてがすべてに繋がっていること」を私たちに改めて教えてくれますね。

オオカミは犬以上に共生関係を結べるかもしれない。犬の「人間との協力関係」はオオカミから受け継がれた

オオカミとカラスの意外な協力関係とは?