レアルソシエダは31日、アーセナルから元スペイン代表DFナチョ・モンレアル(33)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの2年となる。なお、公式プレゼンテーションは週明けの9月2日に行われる。

2013年にマラガからアーセナルに加入以降、本職の左サイドバックに加えて、左ウイングバック、3バックや4バックセンターバックと最終ラインの多くのポジションカバーしてきたモンレアル。在籍6年間で公式戦251試合に出場し、10ゴール20アシストの数字を記録。また、在籍期間に3度のFAカップ制覇を経験していた。

しかし、昨シーズンボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFセアド・コラシナツとのポジション争いによって、やや出場機会が減少すると、今夏にはクラブが左サイドバックの主力候補としてスコットランド代表DFキーラン・ティアニー(22)をセルティックから獲得。現在、ティアニーは加入前に負ったケガによって離脱を強いられているが、復帰後はレギュラー候補の最右翼と見られていた。

サムネイル画像