「えっ、また?」

 ネット上では、そんな声が大半を占めてしまったのが、坂口杏里容疑者の逮捕である。最近、「ザ・ノンフィクション」(フジテレビ系)で近況が伝えられるなど、ようやくタレントとしての芸能界復帰路線を少しずつ進みつつあったかに見えた坂口容疑者。逮捕容疑は元交際相手の自宅マンションに侵入してしまったこと。本人いわく、元カレにタクシー代を返してほしいから押しかけたという。その際にドアに指を挟まれ血まみれになったとも自身のインスタグラムで報告。本人は「何も悪くない」と綴っていた。それもあってか、警察でも「納得いかない」と供述しているという。

 ただ、ネット上では、彼女の言い分や事実関係ではなく、坂口容疑者の逮捕が伝わるとネット民は我先に、彼女を茶化すようなコメントであふれてしまったという。

「だれかが『いっつも逮捕されてるな』と書けば『いっつもだ』と呼応するコメント。それを受けて『テレビ出演の回数より逮捕のほうが多くない?』とか、『なんて日だ!』と、かつての交際相手だったバイきんぐ小峠英二ギャグかます声があげられると、『いつもの逮捕だ!』と切り返す、と変な盛り上がり方をしていましたね」(女性誌ライター

 そんな中でもザワついたのが、逮捕された坂口容疑者が警察署に到着した映像。車から降ろされた彼女、なぜか付けていた眼鏡がハッキリと斜めにズレていた。このことが、ネット民の“琴線に触れてしまった”ようだ。

「ある程度は深刻な顔で車から出てくるのかと思っていたようです。そしたら出てきた彼女はぶ然とした表情でしたが、付けていたメガネのズレっぷりがすごかった。ネット民は『なんでそんなにズレるん?』『昭和のコントも真っ青』『ズレたままずっと輸送されてたの?』『なんて眼鏡だ!』などと、茶化しまくりでした。本人が逮捕に納得いっていない気持ちが、眼鏡のズレ方に現れているようにも見えたようで、よけいにネタにされてしまった面もあるでしょうね」(前出・女性誌ライター

 世間的にも、呆れた二度目の逮捕という見方ではあったが、ネット上のコメントではそうした感情が増幅した形で、より厳しい言葉が坂口容疑者に向けられているようだ。「二度目の逮捕」という現実にしっかり向き合うことが求められる。

(小机かをる)

アサ芸プラス