出川哲朗

30日放送『沸騰ワード』(日本テレビ系)では、出川哲朗が15年通っている沖縄県・竹富島に親友・ロッチの中岡創一と来訪。出川が親友・中岡への想いを明かし、大きな話題を集めている。

◼出川が愛する竹富島

ロケで世界各地を飛び回る出川がたどり着いた楽園が竹富島。2012年に一緒に野球観戦をして仲良くなった親友・中岡と共に島を巡っていく。

自転車で島を回る2人。出川いわく「世界一美しいビーチ」コンドイビーチでは、30分間2人で何もせずに水面に浮き続けるだけで爆笑。

普段は取材NGのお店で「世界で一番おいしいデザート」と評するかき氷に舌鼓を打ち絶賛し合うなど、傍目にも仲の良さがわかる2人の姿が放送される。

「すべてが素敵ってスゴイ」、竹富島を満喫した2人は1日の終わりに、ホテルプールサイドで語り合う。

関連記事:伊豆半島ぐるっと一周160キロで「まさか」連発の出川充電旅・新春SP

◼中岡大号泣

「普段言えないことを言おうと…」と口を開く出川。「友達って10代20代でできやすい。まさか40歳を過ぎて本当の友達ができるとは思わなかった。これからもずっと友達でいてください」と中岡に語る。

この言葉に感動した中岡は「ありがとうございます」と号泣。「こんな番組でしたっけ?」と泣きながら周囲を見回すと、出川は中岡のまさかのリアクションに耐えきれずに爆笑していた。

それに気がついた中岡は「これどういうやつ? 泣き始めて爆笑してるって…クソ野郎やな」と笑いながらツッコんだ。

◼視聴者も反応

出川と中岡、2人の関係性に視聴者からも大きな反響が起きている。

◼親友と出会うのは「学生時代」

しらべぇ編集部で全国20~60代の男女1357名を対象に調査したところ、全体の69.7%に親友がいると判明。さらに「一番の親友と出会った場所」については「高校」という回答がもっとも多かった。

親友ぐらふ1

出川の言う通り、10~20代の学生時代に親友と出会う人が大半だ。そのなかで、40歳を過ぎて出会えた2人は幸運と言えるだろう。

・合わせて読みたい→『イッテQ』出川哲郎、カンヌで英国俳優からの神対応に感激 「やばい…!」

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2016年10月21日2016年10月24日
対象:全国20~60代の男女1357名(有効回答数)

ロッチ中岡、親友・出川哲朗の本音に大号泣 「クソ野郎だな」