スールシャール監督が1年間の期限付き移籍に言及 「彼は調子を取り戻せるはずだ」

 マンチェスター・ユナイテッドのチリ代表FWアレクシス・サンチェスは、1年間のレンタル契約でセリエAインテルへと移籍した。ユナイテッドを率いるオレ・グンナー・スールシャール監督はサンチェストップフォームを取り戻して、ユナイテッドへ復帰することを確信しているという。英衛星放送「スカイスポーツ」が報じている。

 サンチェス2018年1月にアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンとのトレードでアーセナルからユナイテッドへ移籍。クラブ伝統のエースナンバー「7」を授かり、大きな期待を集めた。

 しかし、それから45試合の出場でわずか5得点に終わるなど、期待に見合う活躍はできなかった。多くの批判も集めていたなか、今夏にインテルへの移籍が決定した。

 それでもスールシャール監督は、サンチェスを完全に見限ったわけではないという。1年間の期限付き移籍でイタリアへと渡ったサンチェスの契約には、買い取りオプションは付いていない。指揮官トップフォームを取り戻したサンチェスが、再びユナイテッドプレーすると確信を持って語っている。

アレクシスが再び戻ってくると確信している。我々は何よりも、彼が1年間レギュラーとしてプレーすることを望んでいる。そうすれば、彼は調子を取り戻せるはずだ。彼とも話をしたよ。(ユナイテッドにいても)アレクシス・サンチェスレギュラーは保証できない。移籍してイタリアプレーし、何ができるのかを証明したほうが双方にとってベターだとね」

 スールシャール監督は、バルセロナアーセナル時代の輝きを放つサンチェスに期待を寄せているようだ。ウディネーゼに所属していた2011年以来となるイタリア復帰を果たすチリの英雄は、あるべき姿を取り戻すことができるのだろうか。(Football ZONE web編集部)

FWサンチェスは、インテルでトップフォームを取り戻せるだろうか【写真:Getty Images】