オーレ・グンナー・スールシャール 写真提供: Gettyimages

 マンチェスター・ユナイテッドが、プレミアリーグ第4節でサウサンプトンと戦い、試合は引き分けに終わっている。31日、英メディアスカイスポーツ』が報じた。

 ユナイテッドは、後半途中に退場者をだしたサウサンプトンに対して1-1というスコアに終わり引き分けとなっている。これにより、プレミアリーグでは、3試合連続で勝ち点3を逃すこととなった。なお、サウサンプトン日本代表DF吉田麻也は退場者の穴を埋めるため77分から途中出場した。

 ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督は「今日、私たちは望み通りのゲームをしました。しかし、パレス戦に続き多くのチャンスを作ってもゴールを決めなければ意味がない。それが今のチームの課題だ」とコメント

 また、サウサンプトンラルフ・ハーゼンヒュットル監督は以下のように語っている。「ユナイテッドは後半リズムをとれていなかった。同点ゴールを入れた後3ポイントを取れると感じたが、レッドカードがすべてを変えてしまった。しかし、私はチームにとても満足し、非常に誇りを持っています」