illustrated by shutterstock

Google Chrome が FTPサポートを削除する計画
 8月の中旬に、Google Chrome が FTP のサポートをやめるという話が出た(参照:Chrome Platform Status)。Google Chrome では現状、FTP の暗号化通信もプロキシサポートされていないWebブラウザでの FTP の利用者は非常に少なく、そこにリソースを投入する理由がない。それに、Google Chrome が提供されている環境では、いずれも高性能なFTPソフトが存在している。だから廃止するということだ。

 この話を読んで、私は妥当な判断だと思った。20年前ならともかく、今ではWebブラウザで FTP を利用する機会はほぼない。プログラマでもない人間ならなおさらだ。

 プログラマならば、まれに古いプログラムソースコードが匿名FTPで公開されていることがありダウンロードすることもある。そうした時に手っ取り早く、Webブラウザの FTP ダウンロード機能を使う。

 しかし、そうした場面に遭遇しないならば、FTP をWebブラウザで使う必要はまず生じない。99.9%以上の人間にとって、Webブラウザの FTP 機能は不要なものと言えるだろう。

◆FTP とは何か?
 さて、当然のように FTP という言葉を使ったが、今ではその存在を知らない人の方が多いと思う。FTP は、File Transfer Protocolファイル転送プロトコルの略だ。その名の通り、ファイルを転送するための仕組みで、サーバーからファイルダウンロードしたり、サーバーファイルアップロードしたりするのに使われる。

 自分でWebサイトを運営している人ならば、FTP の存在を知っているだろう。ただ、ブログシステムなどを利用している人は、使う機会はあまりないかもしれない。それに、FTP は古い規格で、セキュリティ的にもあまり好ましいものではない。そのため、違う方法でファイルの更新をしている人の方が、現在では多いだろう。

 FTP は、現在ではWebサイト管理者側でなければ利用しない技術だが、かつては一般ユーザーでも接する機会があった。インターネット上には匿名でアクセス可能な FTP サーバーがあり、そこで様々なファイルが配布されていた。そうした場合のURL「ftp://」で始まり、Webページなどにリンクが張られていた。

 Webブラウザ側では、ファイルダウンロードするだけでなく、ディレクトリへのアクセスもできた。その際はディレクトリ内にあるファイルの一覧が、リンク付きでリスト表示された。

 リストの冒頭には、上の階層のリンクも付いていた。そのため、Explorer を操作するようにリンクをたどり、必要なファイルアクセスできた。古いシステムではあるが、ファイルを配布するという目的では、利便性が高いものだった

 また、ファイルやディレクトリの一覧を入手できるので、それらを利用してサーバー上のファイルミラーリングをおこなうのにも向いている。

 画像やテキストファイルプログラムコードや実行ファイル。そうしたデータの公開に FTP はよく使われていた。大学のサーバーで、ファイルが配布されていることも多かった。HTTP と並行して、FTP というもう一つのファイル公開手段があったわけだ。

 ただ、Webブラウザが FTP をサポートすることに、現在では必然性はほぼないファイルダウンロードを FTP でおこなうサイトに出会うことは極めてまれだ。そもそも、FTP の規格自体が古すぎて、現在のインターネットの実情に合っていない。以下、その古さについても触れておく。

◆FTP という古い規格
 FTP の歴史は古く、それこそインターネットの黎明期から存在している。インターネットの元になった ARPANET は、1969年に始まった。その後、現在のインターネットになる TCP/IP の仕様は1974年に発表されている(参照:RFC 675)。

 HTTP は、0.9が最初にドキュメント化されたのが1991年(参照:The HTTP Protocol As Implemented In W3)。1.0が発表されたのは1996年である(参照:RFC 1945)。そして1997年に1.1の初版が発表された(参照:RFC 2068)。

 対して FTP は、1971年の時点で、その元となる仕様が公開された(参照:RFC 114)。その後、議論が重ねられて、現在の仕様になったのは1985年だ(参照:RFC 959 – File Transfer Protocol)。

 当然、その当時に作られた仕様は、インターネットの爆発的な発展を予見したものではない。環境の変化に伴い、実情に合わない部分が多々出てきた。接続の問題に対してパッシブモードが出てきたり、セキュリティ的な問題に対処するために暗号化できる派生プロトコルも登場した。

 通信の規格は、環境の変化によって改定され続けなければならない。HTTP は、2015年バージョン2となっている(参照:RFC 7540)。時代に即して改訂が重ねられており、HTTP3 の議論もおこなわれている。

 FTP も拡張が続けられているが、その使用範囲は HTTP と違い大きく縮小した。少なくとも、Webブラウザの機能として利用する必然性はない。GoogleChrome での FTP サポートを終了するのは当然だと思う。自分自身、この20年ほどで、 FTP をWebブラウザで利用することがほぼなくなった。これも時代の流れなのだと思っている。

【柳井政和】
やない まさかず。クロノスクラウン合同会社の代表社員。ゲームアプリの開発、プログラミング系技術書や記事、マンガの執筆をおこなう。2001年オンラインソフト大賞に入賞した『めもりーくりーなー』は、累計500ダウンロード以上。2016年、第23回松本清張賞応募作『バックドア』が最終候補となり、改題した『裏切りのプログラム ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬』にて文藝春秋から小説家デビュー。近著は新潮社レトロゲームファクトリー』。

illustrated by shutterstock