マツコ・デラックス

31日放送の『マツコ会議』(日本テレビ系)ではミス・ユニバースOG会と中継。マツコ・デラックスが、2010年ミス・ユニバース板井麻衣子さんを深堀りするとマツコへの恨み節が語られる展開へ。

■謎の審査「トランプ・ミーティング」

2010年のミス・ユニバース日本代表と聞いて、マツコが「この頃の主催者はトランプ大統領だったのか」と確認する場面があった。

すると、トランプミーティングなる謎の審査が存在していたことを語り始める元ミス・ユニバース坂井さん。10人くらいの女の子と、順番に握手してトークして、裏のほうに行って、こそっと話すという不思議な審査だったという。

これにはマツコもびっくり。

「裏のほうにいってこそっとはなして?えーっとどういうことなんだろう。やっぱり何かそれは大会としての審査なのかしら、それとも個人的な審査なのかしら」

「趣味嗜好かもしれないです」と肯定を匂わせる返事をする坂井さん。真実はトランプ大統領のみぞ知る。

関連記事:ミスコンの過剰なSNSアピールに女子大生が辟易 有吉「ミスコン見てる時点で恥を知れ」

■ミスは常に審査対象の心構え

ミス・ユニバースの審査は他にも様々。マツコが審査について思うところを言う。

「よくドキュメンタリーとかでやってるときに参加者たちは24時間、誰に見られているかわからないから常に緊張を抜けないと言ってるよね」

元ミス・ユニバース坂井さんが、当時を振り返って肯定。ジャッジでない人からも常に見られている感覚が実感としてあり、「常に意識は持っておきなさい」とアドバイスされていた、という。

ミス・ユニバース世界一を目指すためには、美貌はもちろん、精神的なタフさもかなり必要とされるようだ。

■マツコに対して8年越しの恨み節

2010年元ミス・ユニバース日本代表の坂井さんが、マツコと共演していたことを明かして、「泣きそうになりながらテレビ局を後にした」と当時の心境を語り始める。この暴露に表情が固まり、黒歴史的な記憶が蘇るマツコ。

「今だから言うよ。ダウンタウンさんと絡むのが、初めてぐらいで、横で芳村真理さんが見ていたの。中々の環境だったから、私は私で緊張してたんですよね。だからごめんなさい。

オカマ3人の中に一人だけミス・ユニバースじゃない。結構厳しいアタリをしたわ。アタシも必死でね。ツッコメるものは全部ツッコんでた。悪気はなかったの。綺麗な方だなと思ってたの」

当時の状況を説明するマツコ。元ミス・ユニバース坂井さんはしきりに「怖かった」を連呼した。

■マツコは平謝り

元ミス・ユニバース坂井さんの恨み節は止まらない。「まじどうしたらいいかわかんなかった。素人が座ってるようなもんなのに、はいスタートどん! って」と涙ながらに話すのを見て、マツコも「結構恨んでない?」とドギマギ。

びっくりしつつも、「ごめんなさい」と謝るマツコ。元ミス・ユニバース坂井さんも落ち着いたようで「ドキドキしながら来たんですけど、あのときのことを消化したような感じがします」とやんわりとした展開へ。

それでも、マツコは最後まで「安直なほうに逃げました。すみません」と平謝り。自らに非があると感じれば、マツコも素直に謝罪するようだ。

■視聴者は恨み節に恐怖

8年の月日を超えていまだメラメラと燃える怒りが垣間見えたからだろうか。視聴者からは、元ミス・ユニバースの恨み節に恐怖を感じる人が少なくなかった。

ミス・ユニバースになろうとする女性は気が強い女性が多い傾向がある様子。「ここを逃したら、人生でやられたらやり返す場面は来ない」と腹を決めてきた執念の強さが、一般人には強すぎる毒に見えたのかもしれない。

・合わせて読みたい→マツコ、だめんずウォーカーに提言 「ブランドバッグ持てる人はそれ以外失うようにできてる」

(文/しらべぇ編集部・モトタキ

マツコ、元ミス・ユニバースの”8年越しの恨み節”に平謝り 「結構恨んでない?」