終了間際の失点で湘南と1-1ドロー、リーグ戦6試合勝利なし

 浦和レッズ2011年以来8年ぶりに、J1リーグ残留争いに本格的に巻き込まれたと言っていいだろう。1日のリーグ第25節、湘南ベルマーレとのアウェーゲームを1-1で引き分けた。順位こそ勝ち点31で11位とはいえ、J2とのプレーオフに回る16位サガン鳥栖との勝ち点差は「4」。残り9試合、予断を許さない状況だ。

 湘南戦の浦和は、前半3分にエースFW興梠慎三のゴールで先制しながら、完全にボール支配を明け渡したラスト15分間で自陣の奥深くに押し込まれ、最終的にPKで同点ゴールを許した。その姿は、リーグ6試合勝利なし(4分2敗)となった“勝ち方”を忘れたチームの姿と言わざるを得ない。敵陣で上手く時間を使うことができなかった戦いは、GK西川周作が「一度、相手を裏返すことが必要だった」という言葉や、途中出場のMF柴戸海の「クリアしたところに味方がいるような共有が必要」という、リードを守り切るチームに求められるものを満たせなかったことが浮き上がる。

 8年前のシーズンは、クラブOBのゼリコ・ペトロヴィッチ監督がシーズンスタートから率いた。劇的な同点ゴールによる引き分けなどで雰囲気が盛り上がった瞬間はあったものの、あくまでも勝ち点1にしかならない試合は最終的に立場を苦しいものにした。その結果、秋も深まった10月20日に当時ユースチームを率いていた堀孝史監督にスイッチし、GMも交代して第33節で残留を決定的なものにした。

 今季は、昨季の途中就任から天皇杯制覇に導いたオズワルド・オリヴェイラ監督の指揮の下でスタートした。キャンプトレーニングマッチを1試合のみとして、フィジカル強化に力を割いた。その弊害はシーズン立ち上がりの試合勘に表れた部分があり、勝ち点が伸びないまま推移。AFCチャンピオンズリーグACL)ではグループステージを2位通過した一方、リーグ戦では停滞が続き5月末に監督交代。昨季に約3週間の暫定監督を務めた大槻毅監督へとスイッチして今に至っている。

 リーグ戦の状況が苦しい一方で、前述のACLとルヴァンカップでは8強、天皇杯では16強に残っている。8年前の残留争い当時も、ルヴァンカップの前身であるヤマザキナビスコカップは決勝に進出していたし、天皇杯も8強へ進んだ。そうしたことが証明するように、タイトルを争うだけのポテンシャルを示していたとしても、リーグ戦で歯車がズレてしまえばこのような事態に陥ることが、J1の難しさを表現しているとは言える。しかし、今季は少し悪い条件が多いのも事実だ。

深刻な得点力不足、リーグ戦25試合で24ゴール

 まず、日程的な部分ではこの湘南戦後の代表活動期間中にルヴァンカップの準々決勝、鹿島アントラーズ戦が2試合(4日、8日)あるため、時間をかけてトレーニングによる修正を図ることができない。さらに、残留争いの直接対決となる9月28日の第27節サガン鳥栖戦は、浦和にとってはカップ戦を含む4連戦の最終戦になる一方で、相手は中9日と調整十分という状況でアウェーゲームを戦わなければならない。それに加え、浦和は現在の上位5チームのうち4チームとの対戦を残している。そう考えれば、リーグ終盤戦を決して楽な状態で迎えることはできないだろう。

 この湘南戦では興梠が今季のリーグ戦で10得点目を決めて、前人未到のJ1リーグ8年連続二桁得点を記録した。25節終了時で5試合に2点の割合で得点するエースを擁しながら総得点は24と、明らかに得点力不足に苦しんでいる。エース以外の得点パターンを見出せないまま終盤戦を迎え、さらにタイトルを争うカップ戦を並行して戦うため、興梠を簡単には温存できない。万能型のストライカーと言えども、残り3カ月近くトップコンディションを維持するのは簡単ではないだろう。

 大槻監督は湘南戦後に「毎回、練習から結果しか強調していません。今日も選手が結果にこだわっていないかと言えば、こだわっていないとは思っていません」と話した。しかし、そのこだわりは興梠が「自分が思うのは少し後ろが重たいのかなと。この1点を守りきろうというのが、誰も思ってはいないだろうけども、その気持ちが少しでもあるから後ろが重たくなると思う」と話したような部分に表れ、かえって試合終盤を難しくした面があるのかもしれない。それはそのまま、残留争いのチームが味わう典型的な苦しみだと言える。

 カップ戦で一戦必勝、あるいはホーム&アウェーの2試合単位で集中力を発揮しながら、リーグ戦では勝ち点不足から負のスパイラルに陥りつつあるのが今の浦和だと言えるだろう。カップ戦のタイトルという“天国”と、J2降格という“地獄”のどちらも見える立ち位置で秋を迎える浦和は、カップ戦で見せているポテンシャルを発揮してリーグ残留争いから抜け出していくことができるのか。前人未到のリーグACLの同時制覇を掲げてシーズンスタートした浦和は、今季のJ1において予想とは違った形で注目を集めることになっている。(轡田哲朗 / Tetsuro Kutsuwada)

エース興梠が好調も、浦和レッズは勝利が遠い【写真:Getty Images】