8月28日に九州北部を襲った記録的な大雨に対応し、認定NPO法人ピースウィンズ・ジャパン(PWJ、=広島県神石高原町、代表理事=大西健丞)とA-PADジャパンの合同チームは、医師を含む支援チーム佐賀県に派遣し、避難所での診療活動や物資の配布などを行っています。

(活動の経緯はこちらから) https://www.facebook.com/PWJPublicRelations/

今回、PWJが復興支援活動を続けている西日本豪雨災害の被災地岡山県倉敷市真備町から、有志が佐賀県に入り、被災からちょうど1週間となる9月4日(水)と翌5日(木)に大町町の避難所2カ所で夕食の炊き出しをすることになりました。

昨年の真備町での炊き出しの様子

真備のメンバーは昨年の水害の経験から、佐賀の被災者の方々へ思いを寄せ、何か役に立ちたいという気持ちから炊き出しチームの派遣を決めました。

参加する災害支援団体の一つ、Gorillaのメンバーは、昨年の西日本豪雨災害で被災された方々です。そーる訪問看護ステーションも参加します。彼らの活動をPWJが支援し、一緒に炊き出しをします。

チームは、9/3に真備町を車で出発して佐賀で準備をし、9/4と9/5の夕食に、真備特産のタケノコなどを使ったメニューを大町町の避難所2カ所で提供します(その後も継続予定)。
避難生活を強いられる被災者の方々へ少しでも元気を届けたいと、一同準備しています。

ぜひ、報道関係の皆さまにおかれましては、取材・報道をしていただきますよう、お願い申し上げます。

配信元企業:特定非営利活動法人(認定NPO)ピースウィンズ・ジャパン

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ