2020年1月18日(土)公開の映画『オルジャスの白い馬』が、第24回釜山国際映画祭のオープニング作品として上映されることが決定した。

『オルジャスの白い馬』は、日本・カザフスタンの合作映画。森山未來と、『アイカ(原題)』で2018年カンヌ国際映画祭最優秀主演女優賞に輝いたサマル・イェスリャーモワがW主演した作品だ。同作では、カザフスタン大草原を舞台に、突然父を亡くしてしまった少年オルジャスと、不器用で正義感の強い男カイラートとのふれあいが描かれる。監督・脚本は、竹葉リサとエルラン・ヌルムハンベトフが共同で担当。森山は、初の海外主演を果たした本作において全編カザフ語で演技し、乗馬もこなしている。

(C)『オルジャスの白い馬』製作委員会  

(C)『オルジャスの白い馬』製作委員会  

『オルジャスの白い馬』は、第24回釜山国際映画祭(現地時間10月3日開幕)のオープニング作品として上映され、日本公開に先駆けてワールドプレミアを迎える。日本が製作に関わった作品が同映画祭のオープニング作品に選出されたのは、2003年の第8回以来16年ぶり。

第24回釜山国際映画祭オープニング作品選出決定にあたっての森山のコメントは以下のとおり。

 

森山未來(カイラート役)

あらゆる文化が交差する、ユーラシア大陸のへそ。
そんなカザフスタンに横たわる力強い大地に、東アジアの端からささやかな風が吹き抜けるようにこの作品に携わっていた気がします。
才能溢れ、気さくで温かいスタッフキャストのみなさんと同じ時間を過ごせたことは僕の財産になりました。
釜山映画祭であの空気感を観客のみなさまに体感していただけることを、心より嬉しく思います。

『オルジャスの白い馬』は2020年1月18日(土)より新宿シネマカリテほか全国ロードショー