ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川(本名・喜多川擴=きたがわ・ひろむ)さんの「お別れの会」が4日、東京都内の東京ドームで行われ、元シブがき隊の布川敏和が参列した。

 セレモニー後に報道陣の取材に対応した布川は「お亡くなりになられたのが今でも信じられない」としつつ、「先輩とか後輩とか、同窓会のような話をしたのですが、やっぱりジャニーさんがこうして機会を作ってくれたのかなと思う」と、しみじみ感謝を述べた。

 ジャニーさんの人柄については「優しかったです。ジャニーさんに怒られたとか言っている方もいらっしゃいますが、僕は怒られたことがないんですよ」と回想。「すぐ『おなか空いてないの?』と聞いてくれて。合宿だとスパゲティを作ってくれたり、ラーメンを食べに連れて行ってくれたりした。みんなに聞くんですよ。僕らまだ10代だったからすぐおなかが減るので…」と懐かしんだ。

 「ジャニーさんがオーディションで合格を出してくれていなければ、きっと僕はこうしてカメラの前にはいなかった」とも語った布川。「もう39年前ぐらいかな。シブがき隊を辞めてからも30年ぐらい。それでもこうやって芸能界でやらせていただいているのはジャニーさんのおかげ。ジャニーさんありがとう、その一言ですよ」と感謝した。

布川敏和