香港で事件を起こした刑事事件の容疑者を、中国本土に引き渡せるようにする「逃亡犯条例」の内容が発表されてから、香港ではデモが連日のように行われ抗議活動者と警察隊が衝突する事態に。事態が収束しないことを受け、香港政府トップの林鄭月娥・行政長官が「逃亡犯条例」改正案の撤回をする見通しとなりました。

「逃亡犯条例」改正案の撤回へ

一国二制度という特殊な統治下にある香港ですが、「逃亡犯条例」改正案により香港市民が引き渡されることで、一国二制度の事実上の崩壊に繋がるのではないかと懸念されていました。

しかし、「逃亡犯条例」改正案の撤回により香港市民が勝利したと日本でも歓喜する事態に!

香港市民の勝利へ!

この報道を受け日本でも「香港の自由を守る戦いが一歩前進した」「デモの勝利」「純粋に嬉しい」「デモが報われて良かった」とコメントも。

また、行政長官の責任問題にまで波及し辞任するのではないかとの声も。

かしこのまま中国が黙っているとも考えにくいこともあり、「中国政府が林鄭月娥行政長官を更迭する」「香港駐留中国軍部隊の動きを警戒すべき」「中国共産党だから、別のもっとヤバい条例を生み出すかも」というコメントもあることから中国政府の報復条例や反応も今後気になるところです。

画像掲載元 Pixabay



画像が見られない場合はこちら
香港ヤバい!「逃亡犯条例」撤回でデモ勝利か。ネット民「中国からの報復が怖すぎる」と話題に。