チームメートも賛同、支援の輪が広がる

 7月に白血病を公表したインディアンスカルロスカラスコ投手が3日(日本時間4日)、奪三振1つにつき200ドル(約2万1200円)を癌研究機関に寄付すると発表した。カラスコは自身のツイッターに「(癌と闘う子供の)家族に常に希望があると知らせたい。復帰したので三振を奪うたびに200ドルを子供の癌研究機関に寄付します」と投稿した。

 白血病により5月30日ホワイトソックス戦を最後にメジャーのマウンドから離れていた通算83勝の右腕は1日(同2日)のレイズ戦で復活登板。3日(同4日)の本拠地ホワイトソックス戦では8回に2番手で登板して4失点し、今季7敗目(4勝)を喫したが、三振も2つ奪った。

 チームメートもカラスコの活動に賛同、先発投手シェーン・ビーバー奪三振1つにつき100ドル(約1万600円)を寄付する。カルロス・サンタナ内野手本塁打1本につき500ドル(約5万3000円)、フランシスコ・リンドーア内野手チームが勝利するたびに1000ドル(約10万6000円)を寄付することとなった。(Full-Count編集部)

インディアンスのカルロス・カラスコ【写真:Getty Images】