8月22日(木)、渋谷LOFT9にて、『「ケンガンアシュラ」VS「ダンベル何キロ持てる?」~筋願仕合アンタもデカいバルクかい?~』が開催された。 イベントには、両作品原作者のサンドビッチ・ヤバ子、両作品の編集担当・小林翔、そして、アニメダンベル 何キロ持てる?」の主人公紗倉ひびき役のファイルーズあいが登場。


 ファイルーズは登場するや否や「よろしくお願 いしマッスル!」と、早速 “ダンベル”流の挨拶を披露。それぞれコラボリンクを注文し、ヤバ子の「乾杯」の発声でイベントスタートした。

 最初は『ダンベル何キロ持てる?』に関するコーナーから。本作がTVアニメ出演デビューとなるファイルーズだが、ヤバ子は「初めてTVアニメに参加されるとは思えないくらい、堂々としていらっしゃる。しかも筋肉もお好きだし」と絶賛。ファイルーズは「オーディションのとき、筋肉アピールをしたかったんですけど、女子のキャラオーディションを受けている方が多くて、筋肉に関する会話ができなくて。無理かなと思ったんですけど、ひびき役に決まって嬉しかったです」と、オーディション合格の際の喜びを振り返った。さらに小林は「オーディション会場に来た時、スタッフが『一筋の風が吹いた』と。ファイルーズさんの声を聞いて、『ひびきが生きていて、すごい』と喜んでいました」とスタッフの絶賛を明かした。さらにヤバ子と小林から、最初の仮タイトルが違ったことや、先に朱美が誕生して、その対比としてひびきが“色黒のギャル”になったことなどの裏話が語られた。

 続いて、観客も参加しての『ダンベル何キロ持てる?スペシャルクイズコーナーへ。全問正解すると特製イラストカードがもらえるということで、ファンも真剣に取り組んでいた。「ダンベル」のクイズの中で、作品愛エピソードを発揮していくファイルーズ。「食べているときに言っているセリフアドリブで、『一生食えるな、これ』って普段から言ってることなんです」と、アフレコの裏話も披露した。また、ファイルーズからは、焼肉の話の収録後、朱美役の雨宮天上原彩也香役の石上静香ジーナ・ボイド役の東山奈央と一緒に焼肉に行ったというエピソードも語られた。

 「原作で『ダンベル』『ケンガン』両方に登場したキャラのうち、アニメダンベル』に登場しないのは、次のうち誰? という問題の裏話で、ファイルーズは「アドリブで『ボスバーガー(アダムが所属する企業)行こうぜ』って入れたら、気づいてく れた人がいて嬉しかったです」と、同じ世界に存在する2作品ならではの遊び心を明かした。『ダンベル何キロ持てる?パートの最後に、ヤバ子が「アニメもすごくいい出来で、願わくは末長く続くコンテンツになれば」と語り、ファイルーズは「クイズトークの反応で、皆さんの『ダンベル』への愛が伝わってきて、主役を演じさせてもらっている身で嬉しいです。健康意識が高い素晴らしい作品として、皆さんに知ってもらえたら嬉しいです」と語り、コーナーを締めくくった。

 休憩の後、『ケンガンアシュラパートが開始。再びヤバ子、ファイルーズ、小林の3人が登壇。ファイルーズは、『ダンベル何キロ持てる?』の漫画を読んだことがきっかけで、『ケンガンアシュラ』にもハマったことを告白。「ファイルーズさんが『ケンガンアシュラ』で一番好きなキャラは次のうち誰? という問題では、ヒントとしてタイプの男性を「セクシーなバッドボーイ」として、「正解は医者の英はじめ」と明かすファイルーズ。「僅差ですよ、王馬と。部門が違うんです。英先生は純粋にキャラとして好きなんですよ。王馬くんは、男として見ているので、その部門では1位です」と解説した。

 ここで、スペシャルゲストとして、本作を手がける岸誠二監督が登場。岸は、オープニング映像について「山下一夫がシャド ー(ボクシング)しているシーンで、実際に動いているのは小林さんです」と明かし、客席からは驚きの声が上がった。『ケンガンアシュラ』に登場するアクションシーンのほとんどは、小林と格闘家が実際にアクションを演じ、それを収録した映像をもとにCGを仕上げていると解説。実際にその映像を見たファイルーズは、「すごい」と大興奮。岸は「本物の格闘アニメにしたかったんです」と、熱い想いを語った。

 ここで、スペシャルゲスト第2弾が登場。『ケンガンアシュラ』の主人公・十鬼蛇王馬役・鈴木達央が、サプライズで登場。ツイッターイベントの詳細を知り、自ら小林に連絡して駆けつけたという鈴木。その登場に、客席からも 大きな拍手と歓声が湧き起こった。そんな鈴木について、監督の岸は「アフレコ終わりの鈴木くんの汗がすごい」と明かすと、鈴木も「アフレコブースの温度を18度にしないと、どんどん暑くなって。試合中(の収録)はヤバかったですね」と語った。さらに、10月31日から配信されるPart2についても「音響監督に色々ご相談して、(王馬の必殺技)“前借り”のシーン、加工なしでやりたいなと。喉が壊れる寸前でした」と告白。岸も「『これが無加工!?』って驚くと思います」と、ファンの期待を煽った。

 さらに、理人を演じる金子隼人が、突然舞台上に呼ばれ、ヤバ子からは「金子くんには、公私にわたってお世話になりまして」という感謝の発言。鈴木からも「出演がない時でもアフレコ現場に来てくれて。しっかり現場を回そうとサポートしてくれました。アフレコの空気感は、金子と平田(真菜)とマシュー(まさるバロン)に支えられました」と感謝の言葉が飛び出し、金子は恐縮しきりの様子だった。

 そして、プレゼントが当たる抽選会を開催。ヤバ子のサイン入り『ケンガンアシュラ』の台本とポスターには、その場で鈴木、金子もサインを追加することに。さらに、ヤバ子、ファイルーズ、岸のサイン入りチェキのプレゼントが発表されると、鈴木から「全員で撮ろう」との提案が。急遽ステージで撮影したチェキにサインを入れるという大盤振る舞いに、ファンから大歓声と拍手が起こった。

 最後に、ヤバ子が「『ケンガン』も『ダンベル』も盛り上がっているので、両作品、今後もよろしくお願いします」と集まったファンメッセージを送り、イベントを締めくくった。

画像ギャラリーはこちら(https://cho-animedia.jp/event/117936/)
クリックすると拡大できます。

 



アニメケンガンアシュラ
Netflix にて全世界独占配信中

STAFF
原作サンドビッチ・ヤバ子 作画:だろめおん小学館マンガワン」連載中)
監督岸誠二シリーズ構成上江洲誠
キャラクターデザイン:森田和明/音楽:高梨康治 (Team-MAX)
アニメーション制作: LARX ENTERTAINMENT
OP: MY FIRST STORYKING & ASHLEY」 ED: BAD HOP「 Born This Way

TV アニメダンベル何キロ持てる?
AT-XTOKYO MXテレビ愛知KBS 京都 ・サンテレビBS11 にて好評放送中!

STAFF
原作サンドビッチ・ヤバ子 作画:MAAM (小学館マンガワン」連載中)
監督:山﨑みつえ シリーズ構成・脚本:志茂文彦 キャラクターデザイン:菊池愛
アニメーション制作:動画工房

アニメケンガンアシュラ』公式サイト
http://kengan.net


アニメケンガンアシュラ』公式 Twitter
https://twitter.com/kengankai


TV アニメダンベル何キロ持てる?』公式サイト
https://dumbbell-anime.jp


TV アニメダンベル何キロ持てる?』公式Twitter
https://twitter.com/dumbbell_anime?lang=ja



©2019 サンドビッチ・ヤバ子,だろめおん小学館/拳願会
©2019 サンドビッチ・ヤバ子,MAAM・小学館シルバーマンジム