社会現象を巻き起こした人気テレビドラマ劇場版劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』の大ヒット御礼ファン感謝祭9月4日TOHOシネマズ日比谷で開催され、田中圭、林遣都、瑠東東一郎監督が登壇。本作の最後の舞台挨拶を迎え、「おっさんずラブ」のファン、通称“OL民”が見守るなか、ドラマから劇場版まで共に走り抜けた田中と林が、お互いへの想いを吐露した。

【写真を見る】田中圭、林遣都に超接近!「今日、目が大きくない?」

モテない独身ダメ男の春田創一(田中)と、誰もが憧れる理想の上司の黒澤武蔵(吉田鋼太郎)、イケメンでドSな後輩の牧凌太(林)たちの三角関係ピュアに描いたラブコメディドラマを映画化した本作。8月23日よりドラマ版からのシリーズ完結編として公開となり、本日9月4日(公開13日目)で観客動員数100万人、興行収入13.5億円を突破する大ヒットを記録。この日の会場には「24回も観た」というファンの姿もあり、田中と林も「ありがとうございます!」と感謝しきり。田中は「『あな番』(あなたの番です)の現場でも、前原(滉)がおもしろかったと言ってくれた」と役者仲間からも評判だという。

ステージでは、公式SNSファンから募集した“本作の好きなシーン”のベスト3を発表。3位は「橋のうえでの春田と牧のシーン」。そのシーンを振り返った田中は「遣都のアドリブがひどい!」と笑い、「ネクタイぐいとかも、突然やるし」とネクタイを引っ張る行動もアドリブであることを暴露。2位は「サウナシーン」、1位は「ラストシーンの春田と牧」となり、クランクアップ後には林が泣いたことが明らかになるなど、数々の裏話に会場も大盛り上がりだった。

また最後の舞台挨拶とあって、田中と林がお互いへのメッセージを送り合うことになると、田中は「なんだろうな」と照れながら、「遣都のパワー、情熱をひしひしと受け続けた。本当に楽しかった」と語り始めた。「観てくれた人が『おっさんずラブ』をピュアなラブストーリーだと思ってくれているのも、遣都が牧という男を生きてくれたから。そうでなかったら、俺の春田はあのようになっていない。すごく感謝している」と続け、「付き合いは一生モノだと思っているので、特に言葉にすることはないけれど。一つだけいうと、たまにズレているから気をつけろよ」と林の素顔を知っているからこその一言をお見舞いし、会場の笑いを誘っていた。

林は「(田中は)そういう、人のダメな部分もひっくるめて付き合ってくれる人」とにっこり。「牧という役を多くの人に愛してもらえた。僕がアドリブができる環境を作ってくれたのは、圭くん。牧を作ってくれたのは、春田さん。相手が田中圭さんだったから、構えることなくできた。さらけだして、自分が積み重ねてきたものを出していいんだと思えた」と田中との出会いに感謝し、「春田役は、誰にもできない役。ずっと俳優業を積み重ねてこないとできない。自分もいつか圭くんがやっているようなことをやりたい。尊敬の想いを持っている」と熱い想いをぶつけていた。(Movie Walker・取材・文/成田 おり枝)

田中圭&林遣都、春田と牧はお互いでなければ作れなかった