Ikea cover_e

Alexander Isreb/pexels

 北欧スウェーデン発祥の家具量販店「IKEA」は、日本でもお馴染みの人気ブランドだ。

 広々とした店内には、リビングやキッチン、ベッドルームなど部屋ごとに商品が設置されてあり、訪れた客はレイアウトアイデアを直接目で見て楽しめる。

 しかし一方で、IKEAほどの店舗スペースとなると迷いやすい。その欠点を逆手にとって「かくれんぼゲーム」が、数年前からヨーロッパIKEA店舗で若者の間に流行している。

 今回、SNSIKEA非公式の「かくれんぼゲーム」のイベントが告知された。イベント場所に選ばれたのは、英国スコットランドにあるIKEAだ。

 この告知は、予めIKEAスタッフに知れたことで警察に通報され、警察官らが駆け付ける事態となり、若者3000人が集結する予定だったかくれんぼゲームは中止になった。

―あわせて読みたい―

恐怖の「ひとりかくれんぼ」を実際に試してみた
かくれんぼ大好き!思わぬところに潜んでいるペット動物たちの面白画像
IKEAのショッピングバッグで「つくってみた」
創業世界最大級の家具量販店「IKEA」カタログの歴史(1951年- 2000年)
展示品かな?IKEAの店内のあちこちに本物の犬の姿が!イタリアのある店舗で始まった野良犬の保護活動

フェイスブックで「IKEAでかくれんぼゲーム」が告知

 フェイスブックFacebook)に告知された「スコットランド・グラスゴー最大のかくれんぼ」は、多くのユーザーらの目を引いた。

 グラスゴーにあるブレーヘッドショッピングセンターIKEA内で、8月31日の午後3時からかくれんぼゲームが行われるというのだ。

FB Ikea_e


 近年、ヨーロッパ各地の店舗で来客らがかくれんぼに興じるというイベントが相次いでいるが、きっかけは2014年ベルギーIKEAで起こったかくれんぼゲームで、この時は500人ほどが集まったという。

 フェイスブックなどのSNSを通してイベントの告知がなされると、大勢が面白がって集まる傾向にある。

ikea-2714998_640_e


 オランダのエイントホーフェンにあるIKEAでのかくれんぼゲームには、32000人ものフェイスブックユーザーが、またアムステルダムでは19000人、ユトレヒトでは12000人がイベントに参加する意思を示したという過去の例もあり、店側にとっては迷惑この上ない。

 こうした事態を受けたIKEA側は、2015年に全ての店舗内でのかくれんぼを禁ずるという声明文を発表した。

 ところが、懲りずに今回のフェイスブック告知である。

 約3000人の若者が、ブルーヘッド店に集まる予定になっていることを知ったブルーヘッド店のIKEAスタッフが、警察に通報。スコットランド警察は、5人の警官を店へ派遣した。

ゲーム目的で来店の若者を店から追い出し、イベント中止に

 IKEAの警備員や警官らは、既に告知を見てやってきたイベント目的と見られる若者への入店を止め、店内から追い出す作業に集中した。

 しかし、既に何人かは冷蔵庫ベッドの下、IKEAの大きなブルーのビニール袋の中にまで隠れていたという。

Ikea3_e

PublicDomainPictures/pixabay

 警備を強化したことでイベントキャンセルとなったが、結局この日、警察は午後8時の閉店まで店に残っていたようだ。 

 IKEAグラスゴー店のマネジャー、ロブ・クーパー氏は、今回の件について次のような声明文を発表した。

お客様と店のスタッフの安全は、我々の最優先事項です。非公式かくれんぼゲームが当店で開催されることを事前に知り、地元の警察への協力を要請しました。

店舗でこのようなゲームをするのは魅力的かもしれませんが、もし彼らがどこにいるかわからなくなれば、安全確認は困難です。我々は、お客様には安全な環境とリラックスしたショッピングを体験して頂きたいと願っておりますので、この種の活動は一切許可しておりません。

IKEA_e


Redditでのユーザーらの反応は…


 フェイスブック上に投稿された告知は既に削除されているが、Redditでこの一件が投稿されると大きな反響を呼び、次のようなコメントが寄せられた。

・確か、ロンドンでもあったよな。

スウェーデンでこのイベントをやったのは10年前だぞ。

・もう公式イベントにしてしまえばいいのに。

・面白そう。警察とかくれんぼゲームってのもいいかも。

・自分がマネジャーだったら、器物破損しない限り許す。
→・いい宣伝にもなるよね。
 →・何千人がかくれんぼして、全ての商品が無事なわけないだろう。

・「どこにいるかわからなければ安全の確認が困難」って…かくれんぼなんだから探す人がいないと話にならないのでは!?

・警察も、全員逮捕は絶対無理だよね。

・次は、いつやるのかな。 


References:The Scotsmanなど / written by Scarlet / edited by parumo 全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52278978.html
 

こちらもオススメ!

―人類についての記事―

カンニング防止のため生徒の頭に段ボールを被せた教師、親らから非難の嵐(メキシコ)
スティーブ・ジョブズは生きていた!?エジプトで激写されたそっくりさんが激似だった件
攻撃性を抑制する効果があると世界の刑務所で採用されているピンク色の独房。受刑者は「屈辱的」と不満の声
7歳の少年と警察官のキレッキレなダンスバトルが勃発!SNSで大反響(アメリカ)
車椅子に乗った脚が不自由な男性、危険を顧みず雨水管から子猫を救い出す(マレーシア)

―知るの紹介記事―

人間の脳は最大11次元の構造を作り上げることができる。スイスの科学者がその証拠を発見
「ヒキガエル・ハイ」ヒキガエルの分泌物を吸引すると、半数以上の人は1か月間ハッピーな気分になれる(オランダ研究)
元気で勇ましいヒロイック音楽が、思考力に刺激や活力を与えるという研究結果(ノルウェー研究)
北海道民とアメリカ人に関係性あり?石器が示唆する「最初のアメリカ人」は日本からやってきた可能性(米研究)
SF世界が現実になった感がすごい。実験室で培養した「ミニ脳」から脳波が検出される(米研究)
「IKEA店内でのかくれんぼ」がSNSに告知された結果、3千人の参加希望者が。これはヤバイと地元警察が駆り出される(スコットランド)