芝刈り(welcomia/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

今年も大変暑い日が続き、庭の芝刈りや草引きをしようにも「命がけだな、これは」という感想をもらしたお父さんも多くおられた。

2年前には、男性教師が自宅の庭でまさかの全裸に。丸出しのハレンチな姿で芝刈りに励み、たまたまその様子を見た隣人が大変驚き「変態だわ!」「性器丸出しの男性がいる」と慌てて通報するに至っていた。

■小学校の人気教師が庭で全裸に…

米フロリダ州で暮らすある男性は、小学校の教諭として真面目に働き、とても慕われていたという。熱心な先生は人気者で、生徒たちはもちろんのこと、保護者や同僚にも信頼される大変な人格者だったとのこと。

しかし今から2年前、先生は暑さに耐えきれなかったのか自宅の庭で全裸に。靴下と靴だけという格好で庭の芝刈りに励み、それを偶然に見たという隣人がその様子を撮影し、警察に通報する騒ぎとなった。

関連記事:休憩時間わずか6分!教員が語る苦悩エピソード3選

■ご近所トラブルも?

この先生は過去に法に触れる行為をしたこともなく、「庭での全裸芝刈り」についても結局は無罪に。

先生本人は撮影したとされる隣人と不仲だったとも明かしたが、学校側は「教育者が外で全裸になるなんて」と不満をぶちまけた数家庭の意見を重んじ、解雇を決定した。

これに多くの同僚や保護者たちが猛反発し、「教員として学校に残すべきだ!」という声が多くあがり騒動となった。

■先生の職場復帰は叶うのか?

この件につき、当局は「学校の下した決断は正しい」との声明を発表。先生に対し文書で警告したほか、先生には教室での授業を担当しないポジションへの降格が相応しいと言い渡された。

だが先生が在籍する団体はまだ諦めておらず、この秋に開催を予定されている審議会に出席し、先生の処遇に関し再度仲裁を試みるとみられている。

■「丸出しはちょっと…」という声も

先生については「罰金の支払いだけですむだろう」「教員として教える資格もはく奪されない」と伝えられていることから、「なるべく自宅近くで教えたいのです」という先生が再び教壇に立つ日も近いかもしれないと海外メディアは報じている。

ただ「とても良い先生でもせめて外ではパンツくらいはいてほしい」という声も少なくはない。優秀で人気もある良き教育者であるだけに、こんな恥ずかしいミスを犯したことについては改めて驚きの声が上がっている。

・合わせて読みたい→不登校ユーチューバー、宮台真司氏に「学校に行かないとダメ」か質問

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

暑すぎた? 全裸で芝刈りに励む姿を撮影された「丸出し教師」の運命は…