70歳定年制や、年金受給の開始年齢の繰り下げが議論される昨今。定年退職者の再就職も一般化し、シニア世代の転職市場も活性化してきている。そんな中で、シニア世代に特化した人材派遣業にいち早く取り組んできたのが、東京の外神田に本社を構える株式会社高齢社だ。多くのシニア求人を取り扱う同社に、「老いてなお働くこと」の意義を聞いた。

スタッフ平均年齢が70.3歳の人材派遣会社

 2000年に創業した高齢社は、現在1125人の登録スタッフを抱え、その平均年齢は70.3歳。本社スタッフの平均年齢も63歳という、シニアのシニアによるシニアのための人材派遣会社だ。

 創業者の上田研二氏と、現在の代表取締役社長の緒形憲氏は東京ガスの出身。現在の派遣先も東京ガス関連の業務が65%を超えているという。創業の背景は?

「創業者の上田さんは、ガス器具の取付けを行う東京ガスの関連会社の社長でしたが、なかなか人材が集まらない状況でした。一方で周囲の定年退職者には、ガス関連の優れた技能を持ちながらも、日々の生活で暇を持て余し気味だったり、奥様と過ごす家で居場所がないと感じていたりする方もいた。そうした背景から立ち上げた会社なんです」(緒形氏)

 同社の派遣業務は、一つのフルタイムの仕事を2~3人でワークシェアすることが原則で、出勤は週に2~3日程度が普通。仕事内容にもよるが、月収は8~10万円程度を見込めるそうだ。

 同社で10年ほど働く紺野英彦氏(79歳)は高齢者の登録スタッフの1人で、現在は週に3日ほど出勤中。「カミさんと毎日ずっと過ごすのが辛いんですよ(笑)。それが定年後に仕事を始めた第一の理由でした」と冗談を飛ばして笑うが、仕事を続けることには生活上の様々なメリットがあるそうだ。

「やっぱり働くことは、心身の健康にいいんですよね。危険物である天然ガスを取り扱う仕事をしているので、仕事には常に緊張感がありますし、責任もあります。それで仕事が終わると、心と体がパーッと開放される。現役の時の花の金曜日の感覚が戻ってくるんです」(紺野氏)

◆行きの電車はスマホの勉強 帰り道では一杯ひっかけ

 紺野氏の仕事はLNG(天然ガス)の受け入れ立会い。タンクローリーからのLNGの移し替えの際に、安全管理を行う業務で、東京ガス勤務時代に取得していた「高圧ガス取扱主任者」の資格が役立った。勤務先は御殿場で、自宅の横浜から片道2時間半をかけて通っているそうだが、「毎日がちょっとした旅行気分で楽しいですよ」と話す。

「最初は本や新聞を読んでいましたが、最近スマホを買ってからは、それをマスターするための練習時間にしています。帰りは一杯ひっかけるのが楽しみですね。この仕事の給与は全額を自分のお小遣いにできるので、好きなお酒と、冬は趣味のスキーに使っています」(紺野氏)

 定年退職後は趣味に時間を使いたい……と考えている人もいるだろうが、趣味を存分に楽しむには、やはりお金の余裕が必要。紺野氏が「花の金曜日の感覚が戻ってくる」と話したように、緊張感のある仕事をすることで、趣味の楽しさがかえって増すこともあるはずだ。

 なお、紺野氏のようにガス関連の資格を持つ人は、シニアになっても需要のある仕事が複数。高齢社では、「ガス工事設備の点検・開栓業務」「新築マンション内覧会でのガス器具の説明業務」などで多くの人材を派遣している。電気・ガスの小売自由化以降は、営業の仕事をシニア世代が行うことも増えているそうだ。

<取材・文/週刊SPA!編集部>
※9/3発売の週刊SPA!「[シニア求人]の未来予測」より

今は社交ダンスも習っているという紺野氏。趣味も仕事も楽しみ続ける79歳だ