2016年秋に謎の船舶がアイルランドのマヨ群の岸で発見されたとき、沿岸警備隊は驚きました。その船舶は、カナダから大西洋をはるばる渡ってきたもので、どのようにたどり着いたのか、地元の人々は不思議に思いました。

何かが岸に打ち上げられるのは、よくあることですが、船体の長さ約6メートル、幅約3メートル、ポリスチレンの底と木製のボディ、天井部分に太陽光パネルを搭載した無人のボートは、捜査員たちの度肝を抜きました。船体には多少の痛みがあるものの、保存状態は大変良いものでした。


ボート内部の壁には、明らかに所有者が書いたと思われる手書きの文字があり、「私、リック・スモールは、この船を家のない若者たちに捧げ、ニューファンドランドに住む人々よりまともな生活を彼らに提供して差し上げよう。賃料も担保も水力発電も不要」と書かれていました。


調査で明らかになったことですが、ボートの所有者であるリック・スモールは、オンタリオの環境活動家で、太陽光バイクに乗ってブリティッシュコロンビアを出発し、1年でニューファンドランドに到達するという、7,000キロの旅を達成した人物です。

沿岸警備隊の幹部、マイケル・ハーストの談話によると、2015年リックと直接話したことのあるニューファンドランドの住人が、「太陽光発電のボートが大西洋を横断することを証明したい」というリックの言葉をマヨ州当局に伝えているとのことです。

リック自身の計画は途中で頓挫したのかもしれませんが、とりあえずボートは大西洋を渡ってきました。ボートは陸に上げられ、主人を待っていますが、ハーストは、リックがボートの壁に残したメッセージから推測して、彼が名乗り出ることはあり得ないと考えていました。


当局を悩ませたのは、太陽光発電を利用した木製ボートがカナダから長い旅をしてきたことでした。ボートは全天候型で設計も優れているということですが、なぜ膨大な距離を無人で、しかも無傷の状態で渡り、アイルランドに到達したのか、いまだに謎です

ハーストは、リックの同意があれば、ボートを改修して観光用に保存したい意向で、地元の活性化に役立つことを期待しています。

大紀元日本ウェブ編集部)

(L: Facebook/Ballyglass Coast Guard Unit, R: Twitter Video Screenshot/Mark Dobbin)