パナソニックは、SDカーナビステーション「ストラーダ」と連携する専用ドライブレコーダー(ドラレコ)2機種を11月上旬に発売する。ラインアップは、前後2カメラの「CA-DR03TD」と1カメラの「CA-DR03D」。価格はオープンとしている。近年、運転中の事故やトラブルを記録する目的でドラレコの需要が高まっていることを受けて開発したという。

画像付きの記事はこちら



 新製品は、カーナビ画面で簡単に操作や映像再生ができるドラレコ。2カメラタイプのCA-DR03TDは、車体の前後を撮影することができる。走行中にカーナビ画面で後方の映像を確認できる「ワンタッチ後方ビュー」機能や、駐車などのバック時にリバース連動で後方の目視確認を補助する「リバース後方ビュー」機能を搭載した。

 ドラレコで録画していることを周囲に知らせるオリジナルステッカーを付属し、あおり運転を抑制。カメラには業界最高水準のF値1.2の明るいレンズを採用しており、夜やトンネルなどの暗い場面でもしっかりと撮影することができる。

 対応するカーナビは、CN-F1X10BD、CN-F1X10D、CN-F1D9D、CN-RX06WD CN-RX06D、CN-RA06WD、CN-RA06D、CN-RE06WD、CN-RE06Dとしている。

カーナビと連携する前後2カメラのドライブレコーダー「CA-DR03TD」