サーフィンの世界的母体団体WSL(World Surf League)と共同プロジェクトを始動~

【日時】2019年9月5日(木) 11:00~12:00
【会場】ザ・プリンス パークタワー東京(東京都港区芝公園4-8-1 コンベンションホールA・B)


 株式会社資生堂は、世界85の国と地域で展開している「SHISEIDO」のサンケアを通じて行う「SHISEIDO BLUE PROJECT」の記者会見を、2019年9月5日(木)にザ・プリンス パークタワー東京にて行いました。 当プロジェクトは“Respect for Oceans”をテーマに、海を守るビーチクリーン活動などをグローバルで実施するもので、記者会見では、サーフィンの世界的な母体団体である「World Surf League(世界プロサーフィン連盟)」、WSLの非営利団体であり、海洋保護の推進や啓発活動、実践を目指す「WSL PURE」と行うビーチクリーン活動など概要について案内しました。また、プロサーファーとして活躍中の五十嵐カノア選手をプロジェクトアンバサダーとしてお招きし、SHISEIDOブランドユニットグループマネージャー大山志保里とトークセッションを行いました。

SHISEIDOは「PROTECT BEAUTY」の考え方に基づくサステナビリティの取り組みを強化
 初めに、主催を代表し、株式会社 資生堂 SHISEIDOブランドユニットチーフブランドオフィサーの行定良太がプロジェクトの全社的な方針を語りました。 「サステナブルな社会を実現するための一つのご提案として『SHISEIDO BLUE PROJECT』を開始いたします。企業として、環境面では『Protect Beauty』、社会面では『Empower Beauty』、文化面では『Inspire Beauty』、それぞれで美を通じて環境や社会にどんな貢献ができるのかを新たに提案すべく、ブランドとしてサンケアカテゴリーでは『Protect Beauty』を掲げた取り組みを開始します」と説明しました。

■「SHISEIDO BLUE PROJECT」で海の環境への配慮を自ら行動で示していく
 続いて登壇した大山は今回WSL、WSL PUREとともに行うプロジェクトの概要について説明し、プロジェクトで掲げるテーマ「Respect for Oceans」を発表。 「サーフィンに代表されるようなアクティブスポーツを楽しむお客さまに共感してもらえるブランドになっていくために、海への配慮を行動で示そうと、今回『 SHISEIDO BLUE PROJECT 』を立案しました」とプロジェクトの発足理由を明かしました。
 また、世界を舞台に活躍するプロサーファーの五十嵐カノアさんをプロジェクトアンバサダ―に迎え、10月3日から13日に、フランスランドで行われる世界最高峰のサーフィン大会、チャンピオンシップツアー(WCT)第9戦の、男子大会「Quiksilver Pro Franceクイックシルバー・プロ・フランス)」、女子大会「Roxy Pro Franceロキシー・プロ・フランス)」の協賛、及び大会期間に予定されているWSL PUREフランスの環境団体と行うビーチクリーン活動、さらに砂浜の浸食を防ぐための植樹活動「Dune Planting」を共に実施することを表明しました。

■「SHISEIDO BLUE PROJECT」実施概要
SHISEIDO」はサンケアを通じ
(1)サーフィンの世界的な母体団体である「WSL(World Surf League)」
(2)WSLが運営する環境保全活動団体の「WSL PURE
(3)世界トッププロサーファーでインフルエンサーの「五十嵐カノア選手」

の3者と協働しながら、本プロジェクトを実行していきます。
プロジェクト第一弾として、2019年10月3日~13日に、フランスランドソール=オスゴール)にて行われる予定の世界最高峰のサーフィン大会「チャンピオンシップツアー(WCT)」の男子「Quiksilver Pro Franceクイックシルバー・プロ・フランス)」、女子「Roxy Pro Franceロキシー・プロ・フランス)」へ協賛し、サンケアだけでなく日焼けした肌のアフターケアまで含めた、人の肌を守るSHISEIDOならではのトータルケアを提案するブースを展開します。
さらに、大会期間に予定されているWSL PUREが行うビーチクリーン活動、および激しい波や嵐から砂浜の浸食を守るための植樹活動、「Dune Planting」をサポートします。

五十嵐カノア選手「海だけじゃなく世界を守るというメッセージを伝えていきたい」
 本拠地のアメリカカリフォルニアから来日した五十嵐選手は「子どものころから、日焼け止めといえば資生堂というように6歳くらいから当たり前のように使っていました」と語りました。現在もSHISEIDOのサンケアを毎日愛用していることを明かし、「海は大切なホーム。世界のみんなからサポートして欲しいので、これからもWSLとSHISEIDOのプロジェクトで、海だけじゃなく世界を守るというメッセージを伝えていきたい」と意気込みを語りました。
 また、2019年フランス大会ではWSLを通じて、海外選手へもヒアリングを実施し、商品開発に反映させていく予定と明かされると、 「サーファーは海に入っている時間も長く、肌への日焼けの影響が気になりますが、朝サーフィンに入る前に塗れば日焼けのことは考えなくてすみます」と大山へサンケアの重要性と期待をアピール。大山は「我々もサーファーの皆さんの健やかな肌を守るサポートをできる限りしていきたいと思っています。さらに、紫外線による影響から肌を守る対応としてアフターケアの重要性も提案していきたいと思います」と答えました。
 トークセッションでは、WSLのソフィーCEOからのメッセージVTRも公開され、「『SHISEIDO BLUE PROJECT』と提携できてうれしく思っています。このプロジェクトPUREの日頃の活動に結びつくプロジェクトですし、WSLの提携先としてまさにぴったりです。フランスでの始動が待ち遠しいです」と語り『SHISEIDO BLUE PROJECT』とのコラボレーションを歓迎しました。

五十嵐カノア選手プロフィール
誕生日:1997年10月1日 身長: 約180cm
言語:英語、ポルトガル語日本語スペイン語フランス語
世界ランキング:7位(2019年9月1日時点)
SNS: Instagram(@kanoaigarashi)


■「SHISEIDO」ついて
 「SHISEIDO」は資生堂グループを代表するプレステージブランド。世界85の国と地域で、スキンケア、メイクアップ、サンケア、フレグランス製品を展開しています。
プロジェクトの中心となるSHISEIDOサンケアは、2015年に「ウェットフォーテクノロジー」※を初めて採用し、中心アイテムの日やけ止め用乳液が世界的に権威のある仏マリ・クレール誌で最優秀化粧品賞を受賞するなど高い評価を得ています。
※汗や水に反応して紫外線防御膜を強化する(肌上のサンスクリーン膜の均一性を高めて安全に保つ)

■WSL(World Surf League)について
 World Surf League(WSL)は、世界トップレベルの波で、世界トップレベルサーフィンを、世界トップレベルのオーディエンスプラットフォームで通じて、世界中に広めていくことを使命としています。 サンタモニカに本社を置き、オーストラリアアフリカ、北アメリカ、南アメリカハワイ、日本、およびヨーロッパに支社を持つグローバルなスポーツ組織です。
 WSLは、男子と女子のチャンピオンシップツアービッグウェーブツアーレッドブルエアボーン、クオリファイイングシリーズジュニアおよびロングボードチャンピオンシップ、WSLビッグチャンピオンシップ、そしてWSLビッグウェーブアワードを通じて、年間230を超えるグローバルイベントを開催しており、世界最高峰のサーフィン1976年から支援しています。世界最高峰の進歩、革新、そしてパフォーマンスを推進する一方で、サーフィンというスポーツの豊かな遺産に対し深く経緯を示すと同時に、すべてのツアーにおいて、誰もが認める世界チャンピオンを、これからも生み出しています。詳細については、 WorldSurfLeague.com.をご覧ください。
■WSL PURE について
 PUREは、保護(Protecting)、理解(Understanding)、環境への尊重(Respecting for Environment)の略で、WSLの非営利団体です。2016年に設立されたWSL PUREは、海洋保護の推進や啓蒙活動、実践をする使命を担っており、世界的なサーフィン組織と一緒に活動をスタートしました。PUREは、WSLの巨大なプラットフォームを活用して、環境活動家、アスリート、擁護団体、コミュニティ、個人など、変化をもたらす人々に焦点を当てる他、世界の非営利団体パートナーたち協力しております。 詳細については、WSLPURE.orgをご覧ください。

配信元企業:株式会社資生堂

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ