【元記事を音楽ナタリーで読む】

world's end girlfriendの配信シングルRENDERING THE SOUL」が明日9月6日リリースされる。

【大きな画像をもっと見る】

RENDERING THE SOUL」は「シンギュラリティ後のJ-POP」をテーマとしてVOCALOIDをフィーチャーした楽曲。「シンギュラリティ後にAI自身が楽しむ音楽はどんなものだろう? 人間には理解できない / 処理できない音楽になるだろう。その中で人間が理解できる / 面白がれる音楽が在るとしたら『AIが人間の不完全さや非合理性を面白がり、人間が持つ孤独や苦悩や悲哀などを“感情のコスプレ”として真似して遊んでる音楽』かもしれない」という発想のもと制作された。ジャケットには田中かえのイラストが使用されている。

またYouTubeでは亡霊工房が制作した「RENDERING THE SOUL」のミュージックビデオを公開中。

world's end girlfriend「RENDERING THE SOUL」配信ジャケット