後半から出場でチーム最多タイのシュート5本を放つも…日本代表最年少ゴールならず

 日本代表MF久保建英(マジョルカ)は、5日に行われたキリンチャレンジカップのパラグアイ戦(2-0)で後半から途中出場。45分間のプレーチーム最多タイのシュート5本を放つなど存在感を放ったが、ノーゴールという結果を受けて韓国メディアも「物足りなさを残した」と伝えている。

 日本は前半23分にFW大迫勇也ブレーメン)が先制点を挙げると、同30分にはDF酒井宏樹マルセイユ)のクロスを中央でMF南野拓実(ザルツブルク)が仕留めて追加点。2点のリードを奪って後半に突入した。

 森保一監督は、後半から久保、MF原口元気ハノーファー)、DF植田直通(セルクル・ブルージュ)を投入。18歳のレフティーはMF堂安律(PSV)に代わって4-2-3-1の右サイドハーフに入った。

 後半8分、右サイドで相手からボールを奪って絶妙なキープ力を見せると、後半24分には最大の見せ場が訪れる。相手ペナルティーエリア右手前でボールを持ったMF柴崎岳(デポルティボ)から相手最終ラインの裏へパス。絶妙なタイミングで抜け出した久保がゴールに向かってドリブルで仕掛ける。ゴールライン際で角度がなく、相手GKがニアサイドに立ってコースを消したなか、久保は思い切りよく左足を振り抜き、GKの頭上を抜いたが、シュートは惜しくもバーを直撃した。同28分のシュートチャンスも枠内を捉えることができず、チーム最多タイのシュート5本を放ちながら最年少ゴール記録はお預けに終わった。

 韓国のサッカー専門サイト「インターフットボール」は、「途中出場の久保建英は角度のない位置から強烈なシュートを放ったが、クロスバーを直撃して物足りなさを残した」とレポート。また、韓国のスポーツ専門サイト「スポータルコリア」は日本メディアが最年少ゴール記録の行方に熱視線を送っていたことに触れ、「日本メディアの関心はすっかり久保」と報じていた。

 試合後には、「打ったからには決めないといけなかった」と振り返っていた久保。10日に行われるカタールワールドカップアジア2次予選ミャンマー戦(ヤンゴン)で出番を得て、この悔しさを晴らせるか、注目が集まる。(Football ZONE web編集部)

45分間のプレーでチーム最多タイのシュートを放つ存在感を放ったが…【写真:高橋学】