落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)」で知られる海空りく氏の小説をテレビアニメ化する「超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!」の追加キャストが発表され、中原麻衣下野紘中田譲治千本木彩花橋本ちなみの出演が明らかになった。

シリーズ累計発行部数が100万部を突破する同名原作は、政治、経済、科学、医療など各分野に秀でた“超人高校生”7人が、魔法や獣人の存在する異世界に飛ばされるも、超人的な能力によって革命を起こしていく物語。高校生ながら総理大臣を務めていた天才・御子神司役の小林裕介をはじめ、日高里菜(大星林檎役)、日岡なつみ(猿飛忍役)、金元寿子(神崎桂音役)、金子彩花(一条葵役)、石上静香プリンス暁役)、間島淳司(真田勝人役)が超人高校生7人を演じる。

追加キャストは、中原がエルム村の村長の娘ウィノナ役、下野がウィノナの息子で金庫番のエルク役を演じ、橋本が奴隷の少女ルー役、千本木が帝国白銀騎士のジャンヌ・ド・ルブラン役、中田が皇帝に絶対の忠誠を誓う北領総督で、強力な魔導師でもあるオスロー・エル・ギュスターヴ役を担当する。

超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!」は、10月3日から放送開始。

追加キャスト5人発表