今月11日に内閣改造を行う安倍内閣。5日、三原じゅん子参院議員が入閣の方向で調整が進んでいると報じられると、ネット上でざわつきが起こり、翌日にツイッターのトレンドランキングに「三原じゅん子議員」がランキング入りした。そのツイートで目立つのは、
《どうせ安部首相問責決議案への反対討論で安倍首相を賛美したことが入閣の理由でしょ。いかに安倍晋三個人に貢献したかが重視されるから問題なんだよ》
《忖度政治の象徴 世も末 総理をよいしょしたら大臣ですか 腐ってる》
《「恥を知りなさい」絶叫の三原じゅん子さん初入閣の方向だそうで》
《まじあってはならないことが起きようしている。知識がないのに入閣って完全に安倍に媚びてここまで来てるのに》
民主党政権への嘘八百の批判と「愚か者の所業、恥を知れ!」の嘘罵詈雑言の論功行賞で大臣になれるのだから軽薄な内閣だ(嘲)》

 このような、安倍首相を露骨に持ち上げた論功行賞だという意見だ。

 そのヨイショとは、今年6月、参議院本会議での安倍内閣に対する問責決議案の反対討論で、「野党の皆さん、年金を政争の具にしないでいただきたい。(中略)猛省を促します」「(民主党政権の3年間は)はっきり言って、無為無策だった」「民主党政権時代はどうだったか。(中略)まさに悪夢だったのであります」などと述べて民主党政権を批判し、「民主党政権の負の遺産の尻ぬぐいをしてきた安倍総理に、感謝こそすれ、問責決議案を提出するなど、全くの常識外れ。愚か者の所業とのそしりは免れません。恥を知りなさい」と、安倍内閣を露骨に賛美し、野党をこき下ろしたことだ。

 今回のトレンドランキング入りも、その際の発言が影響した格好だ。当の三原議員は人事についてだんまりを決め込み、前日に起きた京浜急行の電車が踏切でトラックと衝突して脱線した事故について「昨日の事故から情報が錯綜していますが、しっかり検証し再発防止に努めて頂きたいです」とツイートしている。

 もし入閣したら野党の質問攻勢に対して「恥を知りなさい!」と叫ぶのだろうか。