Image: ソニー

ソニーの前身となる会社の社名、東京通信工業株式会社でしたし。

完全ワイヤレスイヤホンで重要視すべきは電波の安定性。ブッチブチに音が途切れるとイライラしちゃって、せっかくの音楽体験がレッツゴーDOWN。だからこそ独自で通信機器開発のノウハウを持つメーカーのモノを買ったほうがいいんです。ODMが悪いとまではいいませんが、完全ワイヤレスイヤホンが真の意味でコモディティ化するのはまだ先のことですから。

んで現在、この分野で売れに売れまくっているのがソニー(とアップル)。トップエンドの「WF-1000XM3」は接続が安定しているし、ノイズキャンセリングクオリティも高い。でも、ちょっと高いってな声があるのも事実です。

もしかしてIFA 2019で発表された「WF-H800」がミドルレンジの役目を果たすのかも。価格も、日本で発売されるかどうかもまだ不明ですが、ぜひとも市場投入を! だってWF-1000XM3と同じく、独自開発のBluetoothチップを使って安定したリスニング環境を作ってくれるし、アンテナ部はWF-1000XM3よりも最適化が図られているというのですから。

低遅延であるということもアピールしていますね。もしかしてYouTubeTikTok再生にもいいんじゃなかろうか。ASMR動画を見るのにマストな完全ワイヤレスイヤホンになるんじゃなかろうか。

イヤホン単体で8時間の再生が可能。充電ケースバッテリーも合わせると、16時も鳴らせます。オプションのACアダプタを使えば10分で70分再生ぶんの電力をチャージできるのもグー。使い勝手よさそうですよ。

アクティブノイズキャンセリング機能はありませんが、そのぶん安くしてくると思うのですよね。

Image: ソニー

くっきりシャキっとしたツートンカラーよくってよ

Source: ソニー