詳細画像はこちら

刺激的なFF最速ホットハッチ

今回取り上げるのはフォルクスワーゲンゴルフRと、シビックタイプRというホットハッチを代表する2台だ。ゴルフRはオールラウンドな4WDホットハッチであり、シビックタイプRは最速のFFホットハッチだ。

まずはシビックに試乗しよう。このクルマベースモデルと並行して開発され、独立懸架のリアサスペンションが採用されるなどパワフルなホッチハッチ化を前提に設計されている。4WD化していないことによる欠点は見当たらない。

非常に俊敏な走りに加え、先代にはなかったコンフォートモードの追加により、乗り心地も快適だ。2Lの4気筒ターボを搭載し、その最高出力は320psを発生する。素晴らしいパフォーマンスではあるが、若干のラグも感じられる。だがタイプRらしくギアボックスは素晴らしい出来栄えだ。

このクルマの良さのひとつは、大きな欠点や慣れが必要なクセがないことだろう。非常に直感的で、初めて乗ったとしてもうまく乗りこなせるだろう。鋭いシャシーだが良くしつけられており、とても刺激的なドライブが可能だ。

一方で欠点を挙げるとすれば、そのルックスだ。ホンダエンジニアによれば、スクープもスカートスポイラーも無意味なものはなく、すべてが何らかの役に立っているという。しかし攻撃的すぎるルックスは決して美しいとはいえない。

キャビンについていえば、ドライビングポジションは良く、パフォーマンスカーに求められるものは概ね満たしている。しかしインフォテインメントシステムやナビゲーションは他に類を見ないほどに酷いものだ。

大人しいがオールラウンドなゴルフR

次はゴルフRに乗り換えてみよう。シビックとは異なり、フォルクスワーゲングループらしくインフォテインメントシステムを含めエルゴノミクスは素晴らしい。またデザインについても対極的で、こちらは控えめなルックスだ。

かしこクルマ300ps級であり、とても速い。MTの設定もあるが、この個体のようにDSGの方がクルマの性格に合っているように感じられる。シビックのような刺激はないが、両車は方向性が少し異なり、こちらは毎日使えるホットハッチなのだ。

詳細画像はこちら
フォルクスワーゲンゴルフR

エンジンパワーは十分で、パワーの出方もリニアだ。サウンドもまずまずで、ダッシュボード下に埋め込まれたサウンドアクチュエータが音を作り出している。4WDシステムのおかげでトラクションは絶大であり、FFベースでありながら早期に後輪へのパワー配分が準備される優秀なシステムだ。

しかしもしサーキットでの使用を考えるのであれば、こちらよりもシビックを選ぶだろう。ゴルフRの方が有能ではあるが、エキサイティングではないのだ。仮に両方を所有していたとすれば、年間300日をゴルフで過ごし、特別な日にはシビックを選ぶことになるだろう。

シビックの方が優れたドライバーズカーであることは間違いないが、クルマをトータルで見ればゴルフRの勝利と言えそうだ。それどころかこの価格と万能性を考えれば世界最高とすらいえるかもしれない。

詳細は動画にてお楽しみいただきたい。


フォルクスワーゲンの記事
ホンダ・シビック・タイプR / フォルクスワーゲン・ゴルフR
VWゴルフ・サイズの新EV「ID.3」 独工場で11月から生産開始 2020年夏〜納車
フォルクスワーゲン クラシックなビートルを電動化 改造キットとして販売も計画
独断と偏見で選ぶ 英国版AUTOCARお気に入り50台 26〜15位

ホンダの記事
ホンダ・シビック・タイプR / フォルクスワーゲン・ゴルフR
独断と偏見で選ぶ 英国版AUTOCARお気に入り50台 39〜27位
ホンダe 市販モデルの画像とスペックが初公開 136psと154psの2種類
ホンダNワゴンLホンダセンシング/カスタムLターボ・ホンダセンシング

■動画の記事
ホンダ・シビック・タイプR / フォルクスワーゲン・ゴルフR
ポルシェ718ケイマンGT4 / 911 GT2RS(992)/ 911 GT3RS(997)
スズキ・ジムニー/スズキSJ410
BMW M3(E30)/M3 CSL(E46)/M2コンペティション

■比較テストの記事
ホンダ・シビック・タイプR / フォルクスワーゲン・ゴルフR
ポルシェ718ケイマンGT4 / 911 GT2RS(992)/ 911 GT3RS(997)
新型トヨタRAV4、ONもOFFも走りたい アドベンチャー/ハイブリッドGを比較評価
スズキ・ジムニー/スズキSJ410

字幕付き動画 ホンダ・シビック・タイプR vs VWゴルフR 刺激か万能性か