朝の情報番組「ZIP!」(日本テレビ系)などで活躍するフリーアナウンサーの森山るり(28歳)が、9月7日に放送されたトーク番組「二軒目どうする?」(テレビ東京系)に出演。自身の“陰キャラ”部分について語った。

この日、お酒を飲みながらトークが進む中で、「根が“陰キャラ”なんで、心の根っこの部分がオタクというか、イケてないんです」と語る森山。「オタク気質でアニメとか、アイドルが大好き」だといい、「全然キラキラしてない」という。

そんな森山に、博多大吉は「大学時代はサークルとかやってたんですか?」と質問。森山は「最初、キラキラしたサッカーサークルマネージャーとかやってたんですよ。『ラストワンプレー!』とか、なんか応援して。名古屋から東京出てきて、キャンパスライフを楽しもうって。『キラキラしてるな』と思って入ったんですよ」と、“陽”のサークル大学生活を始めたそうだ。

しかし、「気付いたんですよ。ここは自分にはイケイケすぎるって。だんだん、ちょっと肌に合わなくなってきて」と、サッカーサークルに“陰”の森山が合わせていくのが難しくなったようで、「気付いたら、上智大学ハロプロ愛好会に入ってました。アイドルさんを応援するサークルに」と振り返り、「戻って行ったんでしょうね。本来の……なんか高校時代の自分に」としみじみと語った。