it1


 日本では11月1日スティーヴン・キング原作のホラー映画「IT / イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」が劇場公開される。

 2017年に公開された映画「IT / イット “それ”が見えたら、終わり。」の続編であり、大ヒット映画の完結編であるということで前評判も上々だ。

 前作より27年後を舞台に再び次々に子どもたちが消える失踪事件が起こるようだが・・・ついに “それ” の正体と目的が明らかになりすべてが収束するのだろうか!?

 さて、そんな話題作だけにオーストラリアではとんだクレーム騒ぎとなったりもしているようだ。

 「IT / イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」の広告看板が怖すぎて子どもが悪夢をみるようになったというのだが・・・。

―あわせて読みたい―

世界各地に出没する不気味なピエロ「キラークラウン」に警察が注意喚起
側溝に謎の赤い風船。殺人ピエロ「ペニーワイズ」の仕業か!?警察もビビった赤い風船の正体とは(アメリカ)
17歳の兄が3歳の弟にピエロメイクを施した。すごくホラーになった...
梅雨時に人を寄せ付けたくない?ならばこれだ。映画「IT」の殺人ピエロ、ペニー・ワイズのヤバい傘が販売中
恐怖しかない。映画「IT」のピエロ、ペニーワイズがニューヨークの地下鉄に乗っていた件

ペニーワイズの顔面広告が怖すぎてクレーム騒ぎが勃発

 海外では日本よりひと足先に公開されているところもある「IT / イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」。

 オーストラリアでは9月5日から上映がスタートしており、ホラーシーンテーマに配慮して15歳未満の入場・鑑賞を禁止するMA15+(日本のR15+、刺激の強い内容を含むため、15歳未満は保護者同伴でなければ視聴や購入ができない)に指定されているそうだ。

 クレーム騒ぎのきっかけは、映画のPRのために道路脇に広告看板が設置されたこと。殺人ピエロペニーワイズの顔面がデザインされておりインパクト抜群だ。

no title


恐ろしいイラストのせいで悪夢にうなされるようになった少女


 オーストラリア・ブリスベンに住むケリーさんによると、娘のパイパーちゃんがこの広告看板を目にしたせいで悪夢をみるようになったのだという。

 パイパーちゃんは、

あの看板のイラストが心に残っていて眠るのが難しく、本当に怖い。ベッドに入る前に部屋をくまなくチェックしないと安心できない。眠ったら眠ったで悪夢をみて目を覚ましてしまう

と訴える。

 ケリーさんはオーストラリアの広告審査機関であるアド・スタンダードに「MA1​​5+に指定されている映画の広告は、子どもが頻繁に目にする場所で禁止、または制限して欲しい」と苦情を申し立てたとのこと。


ホラー映画が苦手な人までホラーな看板を目にしてしまうとの意見


 また、ジェーン・スワンさんも苦情を申し立てた一人のようで、
ホラー映画を映画館で楽しみたい人はもちろんいるし、それはまったく問題ない。個人の選択した行動だし理解できる。でもこういった恐ろしい広告看板を選択することなしに目にするのはどうかと思う

コメントしている。

 これについてアド・スタンダードからは、

セクシャリティに関することやヌードが使用されるなどの場合を除き、通常、我々はその設置場所等についての管轄権がない

といった返答があったのだとか。

oi3


 ペニーワイズピエロ恐怖症を世に広めたとされるほどのトラウマピエロであり、悪夢にうなされてしまう場合もあるのかもしれない。

 道路脇の広告看板でこの威力だからな・・・「IT / イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」を鑑賞する際は大人も注意が必要だな。


映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』US版予告【HD】2019年11月1日(金)公開

References:Facebook / 9news.comなど / written by usagi / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52282205.html
 

こちらもオススメ!

―人類についての記事―

小窓からニュルッ!「スネークマン」として世界に知られることになった、ロシアの囚人による刑務所からの脱出映像
ハリーポッターの小説を図書館から撤去。その理由は「呪文は本物。悪霊招く恐れがあるから」(アメリカ)
病気で外に出られない3歳の子のために、住民らが庭でパフォーマンス。その優しさに家族全員が励まされる(アメリカ)
「IKEA店内でのかくれんぼ」がSNSに告知された結果、3千人の参加希望者が。これはヤバイと地元警察が駆り出される(スコットランド)
カンニング防止のため生徒の頭に段ボールを被せた教師、親らから非難の嵐(メキシコ)

―動画の紹介記事―

たしかにそこなら暴風雨をしのげるね。ハリケーンから避難したカエル一家が意外な場所で発見される(アメリカ)
「助けてくれ!」、「またお前か!」フェンスの向こうにいる犬が仲間の犬に助けを求めるのだが...
UFOの目撃情報と関連して報告されるエンジェルヘア現象とは?
元気すぎる子猫たちと辛抱強い母猫のコントラスト。最後は家族みんなでお昼寝タイムが待ってるよ
すごく...タコです。タコそっくりに動くロボットが開発される(英研究)
子供が怖がるから撤去して!映画「IT / イット」のポスターに苦情続出(オーストラリア)