グラビアの他、バラエティー番組でも活躍中のタレント和地つかさが、8月25日に15枚目となるDVD「ボクとボイン」(エアーコントロール)を発売。東京・秋葉原ファンイベントを開催し、囲み取材に応じた。

【写真を見る】バニーちゃん姿で登場した和地つかさ

誕生日という5月13日頃、バリで撮影された本作。和地は「スタッフさんがサプライズしてくれました。ご飯食べてたら、バースデーケーキを持ってきてくれたんですけど、ちょうど同じ日に違う人も誕生日で、フェイントをかけられて誕生日をお祝いしていただきました(笑)」と元気にあいさつした。

「今回は高校時代の彼氏と再会して、また大人になって恋に落ちる物語です。大人のOLのシーンと、女子高校生の時のシーンがあるんですけど、女子高校生シーンの時は、思い出の中で一緒に勉強しながら、チラッとしたりとか(笑)、ニヤッとしたりするシーンがあります。

あと、ルーズソックスを履きました!ブレザーみたいな制服にルーズソックスで、懐かしのコギャルみたいなスタイルです。実はルーズソックスを履いたことがない世代で、初めてのルーズソックスでした。

制服は久しぶりに…4年ぶりくらいに(笑)。までイケ…ファンの方が『まだイケそうだね』って言ってくれて、それを支えに頑張ろうと思います(笑)」と、気持ちも新たに意気込みを語った。

そんな中、今作での一番のセクシーなシーンについて「お風呂シーンなんですけど、ピンクチュートップの水着を着ているんですが、見え方が『着てんのかな?どうなのかな?』って気になるようなシーンになってます。

もちろん水着は脱いでないんですけど(笑)、ちょっと『アレ?』って勘違いしてしまうようなシーンになっているので、妄想しながら見てくださったらうれしいなと思います」と照れ笑いを浮かべた。

また思いもよらぬ“ハプニング”もあったとのことで「虫が嫌いなんですけど、めちゃくちゃ虫が落ちてきて大騒ぎになりました(笑)。虫が嫌いなんでスプレーしてくれたら、虫がめちゃくちゃ上から落ちてくるみたいな(笑)」と“壮絶”な思い出を披露していた。(ザテレビジョン

DVD発売イベントに登壇した和地つかさ