昨今はネット上で知り合い結婚に至るケースもあるが、それでも知り合った相手に対しては十分に気を付けなければならないようだ。このほど出会い系サイトで知り合ったフィリピンに住む女性をアメリカに呼び寄せ、奴隷のように扱ったことで起訴された男の一報が届いた。『New York Post』『Milwaukee Journal Sentinel』などが伝えている。

米ウィスコンシン州ミルウォーキー在住で高校教師のクリスチャンマザーシードChristian Mothershead、46)は、出会い系サイトで知り合ったフィリピン人の女性とその息子に対して人身売買と性的暴行を加えたとして起訴され、今月3日に裁判所へ出廷した。

マザーシードと女性の出会いは、2017年の夏頃まで遡る。2人は出会い系サイトAsianDating」で知り合い、フィリピンアメリカで遠距離だったこともあってFacebookでしばらくコミュニケーションを取っていた。その間にマザーシードは女性に会うためフィリピンへ向かい、3週間ほど滞在した。

滞在中のマザーシードは「もしアメリカに来てくれるなら結婚して、あなたの家族の面倒もみる」と女性に約束し、さらに「あなたが空港に到着した際はバラの花で迎えるだろう」と話していたそうだ。

マザーシードの言葉を信じた女性は、2018年11月に自分の息子を連れてアメリカへと渡った。しかしバラの花で迎えられるはずだった親子は、大きな挫折を味わうこととなる。空港で親子を迎えたマザーシードは自宅に着くなり、バラの花のかわりに掃除用の手袋とマスクを渡した。

自宅を掃除するようにマザーシードは指示したが、室内はゴミが山積みで腐食した食べ残しが散らかっていたという。またその日の夜にマザーシードは女性の体に触れようとしたが、拒まれたことから暴力を振るった。

その後も親子はマザーシードの命令で自宅の掃除や食事の用意などをしていたが、テレビを見ることさえ許されず「言うことに従わなければフィリピンに送り返すかさもなければ食事抜きだ」と常に脅されていたようだ。

感謝祭の日には手の込んだ食事を用意したにもかかわらず、同じテーブルに座ることは許されなかった。女性の息子が発熱を起こした時、マザーシードは病院に連れて行くこともなかったそうだ。

そして奴隷のような生活にたまりかねた女性は昨年12月マザーシードが仕事で自宅を留守にしている最中に警察へ通報し、避難施設へ移ることができた。この女性の供述により、マザーシードは起訴されることとなったのだ。

しかし『Today’s TMJ4』の取材で、マザーシードは「私はそんなことはやっていない。全て彼女の嘘だ」と主張し「これは(女性による)移民詐欺だ」とも訴えた。

マザーシードは罪状認否の後に保釈金を払って釈放されたものの、勤務していた学校からは無給休暇を言い渡されている。なおマザーシードが有罪判決を受けた場合、最長90年の懲役と30万ドル(約3200万円)の罰金に科せられる可能性があるという。

画像は『New York Post 2019年9月5日付「Wisconsin teacher accused of enslaving Filipino woman, her son」(Milwaukee County Jail)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト