ソニードイツにて開催されているIFA 2019にてウォークマンAシリーズの新製品となる「NW-A100シリーズを発表しました。ウォークマン40周年を記念した「NW-A100TPS」は11月ヨーロッパで発売予定。価格は440ユーロ(約5万2000円)です。

Engadget

特別モデルであるNW-A100TPSにはカセットテープウォークマンTPS-L2」のデザインを採用した専用ケースが付属。端末背面には40周年の記念ロゴがあしらわれています。再生アプリにはカセットテープスクリーンセーバーを用意。再生する音源ファイルの種類によって、カセットテープカラーリングが変化するそうです。

NW-A100シリーズではAndroid OSを採用し、Spotifyなどストリーミングアプリからの楽曲再生や、ダウンロードサイトから直接音源を入手可能。また、デジタルアンプ「S-Master HX」を搭載し、DSD(11.2MHz / PCM変換)とPCM384kHz / 32ビット)をサポートします。

外観はZXシリーズのNW-WM1Zと同じく、剛性の高いアルミニウム製。ディスプレイは3.6型で、16GBのストレージを採用。満充電で最大26時間の連続再生が可能なバッテリーを搭載します。

この記事はEngadget 日本版からの転載です。