選挙

※写真はイメージです

 任期満了に伴う岩手県知事選は8日投開票され、無所属現職の達増拓也氏(55)=立憲、国民、共産、社民推薦=が40万2,803票(得票率72.1%)を獲得し、無所属新人で元県議の及川敦氏(52)=自民推薦=を退けて、4選を果たしました。

 岩手県知事選挙(2019年9月8日投票)投開票結果

 達増氏は盛岡市出身、東大法学部卒。外務省での勤務を経て1996年衆院選に初当選し、4期務めました。2007年岩手県知事選に当選、今回が4回目の当選です。

 また同日には任期満了に伴う県議選も、選挙戦となった盛岡、大船渡、花巻、北上、久慈、一関、奥州、紫波の8選挙区で投開票され、県議48人すべての顔ぶれが決まりました。当選者したのは現職37、新人10、元職1で、党派別では自民14、国民9、いわて県民クラブ5、共産3、社民2、公明1、無所属14。女性の当選者は7人です(無投票の選挙区を含む)。

 当日有権者数は1051931人。知事選の投票率は選挙戦となった前々回(2011年)を6.46ポイント下回る53.46%でした。

※写真はイメージです