9月9日ポップコーンPOPCORN)の日。「POP」の鏡文字が「909」に見えることから、「マイクポップコーン」などで知られる食品メーカージャパンフリトレー」が2015年に制定しました。

こんな日はちょっと特別なポップコーンが食べたい。(ですよね?)

ということで東京バーゲンマニア記者は、2019年7月30日放送のバラエティー番組「マツコの知らない世界」(TBS系)で紹介されたポップコーンの簡単アレンジをやってみました!

マツコの手が止まらなくなった味

7月30日の同番組には、「JAPOCO 日本ポップコーン協会」会長の渋川駿伍さんが出演し、豊富な知識を披露していましたが、その中で記者が気になったのは、渋川さんおすすめの自宅で簡単に作れる「フレーバーポップコーンです。

改めて渋川さんに取材を申し込んだところ、おすすめレシピを快く教えてもらうことができました。

今回はマツコさんが番組放送中においしそうにパクパクと食べていた永谷園わさび茶漬けアレンジと、渋川さんおすすめベスト1のラー油×山椒×カレー粉」アレンジを作ります。

ベースとなるポップコーンは、バタフライ型のオーソドックスな種で、ハイコスパな「クローバーポップコーン業務用」(1kg・595円)と、マッシュルーム型で味付けがよく絡み、見た目も華やかになる「オーガニックポップコーンマッシュルームタイプ250g・900円※いずれもAmazonでの税込価格)です。

ポップコーンフライパン電子レンジポップコーンメーカーなどではじけさせます。

まずは味付けをしない状態で食べてみると、香ばしくてアツアツサクサク。これだけでも特別感があり、おいしいです。

以下、レシピの詳細です。いずれもポップコーン30gに対しての分量です。

最初に永谷園わさび茶漬けアレンジから。ポイントは、わさび茶漬けを開封前に細かく粉砕することと、調味料が絡みやすいように先にポップコーンサラダ油を馴染ませておくことです。ポップコーン30gに対して、わさび茶漬けは半分の15g程度。記者はざっくりと小袋(5.3g)を3個分使用しました。

ひと口食べてこれはうまい! ほどよいしょっぱさで、わさびの風味もしっかりと効いています。これはマツコさんも手が止まらなくなっていたのも納得。

材料も少なく簡単なので、わさびが苦手ではない人にはおすすめです。

ポップコーン協会会長おすすめベスト3

次に、複数の調味料をかけあわせたアレンジの中で、渋川さんが最もおすすめだという「ラー油×山椒×カレーアレンジをやってみました。最初にラー油スプレーしてまぶし、全体に馴染ませます。こうすることで、粉系の調味料が絡みやすくなります。次に、山椒2~3振り、カレー粉4振り程度をまぶします。全体を絡めれば完成です。

こちらはラー油カレーの香りが強く、食欲がそそられます。味はなかなかスパイシー3つがバランスよく主張している印象です。辛いものが好きな人におすすめしたいアレンジではないでしょうか。使用したカレー粉の味が薄かったこともあり、個人的には少し塩を足すことで、"やみつき"になる味になりました。

ちなみに、番組で渋川さんのおすすめベスト3として紹介されたそのほかのレシピも教えてもらいました。

味の素「ほんだし」×丸美屋「のりたま」

まず、ポップコーンサラダ油を馴染ませます。わさび茶漬けと同様に、のりたまを細かく粉砕します。ポップコーン30gに対して、のりたま約10g、ほんだし約5gが目安です。さらに、バターをかけてもおいしいのだそう。

きな粉×黒砂糖

ポップコーンサラダ油を馴染ませます。ポップコーン30gに対して、黒砂糖約10gを馴染ませます。仕上げにきな粉(適量)をまぶせば完成です。

どちらもおいしそうですよね。
簡単なので、ポップコーン好きはぜひ試してみて。