バルセロナ所属のドイツ代表GKマルクアンドレ・テア・シュテーゲンが、元チームメイトであるフィリペ・コウチーニョについて語った。8日、スペインスポーツ紙『マルカ』が報じている。

 2018年1月に鳴り物入りバルサへと加入したコウチーニョ。2017-18シーズンリーガ・エスパニョーラでは18試合出場8ゴール5アシストとまずまずの出来だったが、2018-19シーズンは34試合出場5ゴール2アシストと振るわず、多くの批判を浴びていた。

 今夏には、バイエルンに1年の期限付きで移籍。ここまでブンデスリーガで2試合に出場しているコウチーニョに対し、バルサチームメイトだったテア・シュテーゲンがエールを送った。

「コウチーニョが楽しんでいることを願うよ。彼は選手として素晴らしいだけでなく、人としても素晴らしいんだ。ブンデスリーガで絶対的なスターになれるはずだし、今更彼の質について語ることはあまりないよ」

 バイエルンはコウチーニョの買取オプションを行使する権利を持っている。コウチーニョとしては今シーズンをとおして活躍を続け、バイエルンオプションを行使させたいところだ。

テア・シュテーゲン(左)が、コウチーニョ(右)にメッセージを送った [写真]=Getty Images