先日新しい自伝「Reboot — My Life、My Time」を発売したマイケル・オーウェン

その中にはかつてのチームメイトであるアラン・シアラーデイヴィッド・ベッカムについて厳しい記載があり、いくつかの騒動も巻き起こすことになった。

彼は今回『BBC』で「イングランド代表の歴代ベストイレブンを選ぶ」という企画にチャレンジすることになったが…。

GK:デイヴィッドシーマン

DF:ジョン・テリー、リオ・ファーディナンド、ソル・キャンベル

MF:アシュリーコールフランク・ランパード、ポール・スコールズスティーヴン・ジェラードデイヴィッド・ベッカム

FW:アラン・シアラーマイケル・オーウェン

システムは3-5-2!右ウイングバックベッカム、左ウイングバックアシュリーコールを入れるという意欲的なものだ。

そして仲違いしてから一言も喋っていないというアラン・シアラーと自分をツートップで組むという。さすが仲の良さは関係なく、実力で選んだというプロフェッショナリズムなのか…。

オーウェンが選ぶ「イングランド代表ベスト11」がこれ!3バックだ