守備陣にはスペイン相手に検討したルーマニアGK、功績を認められたS・ラモス

 欧州では9月の国際Aがマッチウィークで、来年に開催される欧州選手権(EURO2020の予選が行われている。フランス誌「フランスフットボール」は、5日から7日にかけて行われたEURO予選の試合に出場した選手のなかから、ベストイレブンを選出して発表した。

 2020年6月12日に開幕するEURO2020に向けて、ヨーロッパ各地ではその出場権を懸けて熱戦が繰り広げられている。今回の国際Aマッチウィーク前半となる5日から7日にかけて、EURO予選第5節全18試合が行われた。

 そのなかで「フランスフットボール」はEURO予選第5節のベストイレブンを選出。ドイツを相手に4-2で快勝したオランダから最多3選手が選出され、ブルガリアを相手にハットトリックを達成したイングランド代表FWハリー・ケイントットナム)なども選ばれている。

 同誌が選んだベストイレブンフォーメーションは4-2-3-1となっている。GKには、今季からリヨンに加入したルーマニア代表GKチプリアン・タタルシャヌが選ばれている。ルーマニアスペインを相手に1-2で敗れたが、「タタルシャヌがいなければ、スペインを迎えたホームの一戦は破滅的な点差となっていただろう」と同誌は評価。多くの決定的なピンチを防いだことが選出の理由となっている。

 最終ラインの4人には、右からコソボ代表DFメルギム・ヴォイヴォダ(スタンダール・リエージュ)、フランス代表DFラファエル・ヴァラン(レアル・マドリード)、スペイン代表DFセルヒオ・ラモスレアル)、イタリア代表DFエメルソン・パルミエリ(チェルシー)が選ばれている。S・ラモスは「スペインの歴代得点者トップ10に入った」と、これまでの功績も含めて評価しているようだ。

中盤から前にオランダ代表が多く選出 最前線にはハット達成のケイン

 中盤の底を務める2人にはオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(バルセロナ)と、クロアチア代表MFマルセロ・ブロゾビッチインテル)を選出している。同誌はデ・ヨングに関して「中盤での争いを支配した」と、老獪なドイツの中盤を相手に力負けしていなかったことを取り上げている。

 続く2列目の3人は、右からフランス代表FWキングスレー・コマン(バイエルン・ミュンヘン)、オランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥム(リバプール)、オランダ代表FWメンフィス・デパイ(リヨン)。同誌はオランダの勝ち越し点となった3点目でワイナルドゥムが見せたアシストを高評価。また、デパイに関しては、「左サイドで何度も脅威となった」と評している。

 最後にトップの選手として、ケインが選ばれた。ハットトリックに加え、FWラヒーム・スターリングへの決定的なパスも評価。イングランダの全得点に絡む活躍を称えている。(Football ZONE web編集部)

(左から) デヨング、ケイン、ラモス、ヴァラン【写真:Getty Images】