サラリーマンという言葉が生まれて以来、これほどまでに将来不安が膨らむ時代があっただろうか。終身雇用が崩壊し、大企業では40代半ばでの早期退職募集が続出。さらに「老後2000万円問題」に象徴されるように、定年後など悪夢しか描けないような状況だ。

仕事
※画像はイメージです
「ひとつの会社に身を捧げる」といった価値観とは無縁の若手社員のなかには、入社後すぐに副業を始める人も。その姿から、これからの時代に求められる生き方を改めて考えてみよう。

「革靴の伝道師」を目指す26歳マーケター

2017年に入社して翌年1月から社内で靴磨きを始めました。最初は無償で行っていたんですが、それが今では副業になっています」

小東真人さん
革靴の伝道師として活動する小東さん。運営するブログ『革靴の魅力を伝え、「革靴人口」を増やすFull brogue.』でも情報を発信している
 そう話すのは、ソーシャルメディアシェアサービスを手掛けるガイアックスに勤務するマーケターの小東真人さん(26歳)だ。

「ウチの会社はそれぞれの部署が独立採算的で私の所属部署もリモートワークフリーアドレスのため、部署全体の集まりが週に一度あるだけです。そんななかで『もっと社内の人と交流したい』と思い、革靴が好きで販売店で働いていたこともあり、得意な靴磨きをやってみようと思ったんです」

 社内交流のために始めた靴磨きだったが、周囲からは本人が驚くくらい好意的な反応があったという。そこで靴磨き専用のSNSアカウントをつくり、その様子をアップするようになった。

「そしたら、企業向けのコンシェルジュサービスを提供する会社に勤める方から『社外でも靴磨きをしてみない?』とご提案をいただいて、都内の企業数社に出張することになったんですよ」

 相談した事業部長から社外での活動を承諾してもらい、こうして晴れて副業がスタート。次第に「出張靴磨き屋」としての活動が注目を集めるようになった。今では月に数回、半休をとって一回5000円程度の出張を行い、月に数万円の副収入になっているという。

副業で知り合った人脈が本業につながる

靴磨きを通じて有名ファッション系ブロガーの方と知り合うことができ、初心者向け靴磨きセットの販売をしたり、紳士靴メーカーに声をかけてもらってカスタムオーダーシューズを作る企画をさせていただいたり。副業を始めて1年もたたない間に、いろいろな経験ができていますね。でも根本的には、お金をもっと稼ぎたいというよりも、革靴のよさを伝えたいって意思があるんです。

 今、革靴の販売数は年々少なくなっていて。そんななかで、少しでも愛用者数の増加に繋がる活動がしたかったんです。だから革製品に関する知識をブログにまとめて発信したり、資料を作って出張先で配布したりしています」

小東真人さん
今ではファッションインフルエンサーとの商品監修や、大手靴メーカーコラボレーション記事をブログで公開するなど靴磨きを通じてさまざまな企画を展開している
 こうした「革靴愛」からくる熱い活動は副業にとどまらず、本業にも好影響を与えている。

「僕の本業はウェブコンサルティングなのですが、そちらでも靴磨きで知り合った方から相談を受けることがあるんです。ほかにも革製品のよさを伝える活動から営業的なパフォーマンスを身につけることができたり。複業は大いにプラスになっていますね」

自己ブランディングが重要に

 とはいえ、同世代で会社勤めをしている知人たちからは「どうして副業なんてするの?」と不思議がられることもあるという。

「大手企業などに就職したりすると与えられた仕事をこなすことに意識が集中し、いつの間にかサラリーマン的な思考が“できあがって”しまうんでしょうね。同じ世代でも、働く環境によってかなりマインドが違う。でも、これからの時代はサラリーマンでも自己ブランディングが重要になってくると思うんです。

 靴磨き屋として、より多くの国内革靴メーカーさんと交流していきたくて。複業をすることで本業にもいい影響を与えることができるんだという新しいビジネスパーソンモデルケースになりたいと思っています」

小東さんの野望「自己ブランディングをさらに進め『複業家のモデルケース』になる」

― 脱・会社[副業リーマン]の野望 ―

<取材・文/青山由佳 吉岡俊 牧隆文 東田俊介 岩辺智博 進藤太郎(小野プロダクション) 撮影/水野嘉之>

【週刊SPA!編集部】



今ではファッション系インフルエンサーとの商品監修や、大手靴メーカーとコラボレーション記事をブログで公開するなど靴磨きを通じてさまざまな企画を展開している