FIBAバスケットボールワールドカップ2019が行われ、日本は1次ラウンドおよび17-32位決定ラウンドで、5戦全敗で大会を終えた。アメリカプレーしている八村塁や渡邊雄太も招集し、「史上最強」とも言われたチームだったが、この残念な結果にバスケファンからは落胆の声が聞かれている。そんな中、日本バスケットボール協会(JBA)のあるツイートが物議を醸している。

 問題となっているのは、JBAが公式ツイッター上に、9日午後10時頃投稿したあるツイート。この日、日本は17-32位決定ラウンド最終戦でモンテネグロに65-80で敗れ、全32チーム中31位という順位が決定してしまっていたが、JBAは「『FIBAワールドカップ2019』最終戦 モンテネグロに65-80で敗れ、史上最強チームは史上最低の31位で敗退」とこの結果を伝えていた。

 しかし、このツイートについてバスケファンを中心に、「ファンもピリピリしてるのに、逆撫でするような言動しないでください」「なんでこんなに悪意のある書き方をする?」「言い方がひどすぎる。選手たちに失礼」といった批判の声が殺到した。

 その後、JBAは投稿を削除。「史上最低」を「過去最下位」に変えて再投稿したが批判がまた出たため、「史上最強チーム」のほか「過去最下位」も削って単に「31位」と再々投稿したものの、「謝罪くらいしてほしい」「乱暴な言葉を使ったことはきちんと訂正して」などの声が集まっている。

 「全敗という厳しい結果に、ファンも動揺していたタイミングでのこのツイートファンの神経を逆撫でしたのはもちろん、選手にも失礼すぎる文章だったということで批判を集めたようです。10日正午現在、謝罪などがないこともまた批判を集める一因となっているようで、削除されたツイートネット上で拡散されている状態となっています」(芸能ライター)

 テレビ中継もされ、多くの国民が見守っていたバスケW杯。残念な結果だったからこそ協会もフォローすべきが、まったく逆のツイートで批判を集めてしまったようだ――。

記事内の引用について
日本バスケットボール協会公式ツイッターより
https://twitter.com/JAPANBASKETBALL

馬場雄大、渡辺雄太、八村塁、篠山竜青、比江島慎、日本バスケットボール協会・三屋裕子会長