iPhoneといえば、アップルではありますが、それを生み出したのは「スティーブ・ジョブズ」であり、亡くなったあとも彼は神聖化され、まるで宗教上の神のように崇められる存在となっております。そのため、新しいiPhoneが出たら・・・という感じで、ジョブズが取り沙汰されますが、今回は更に波紋を呼んでおります。

タピオカみたいなカメラジョブズは・・・

毎度話題となるiPhoneの新作。話題になるだけまだアップルは注目度が高いという表れではありますが、かつては「かっこいい」「クール」と言われてきたこのiPhoneに異変が起きたのは、ジョブズが亡くなって以降。

具体的に言えばiPhone6以降(2014年9月19日発売)とされておりますが、下記記事を見ますと実は2世代先までデザインしていたようです。

となると、亡くなった後の、iPhone 5S・iPhone 6がジョブズデザインでありその後のiPhone6S・iPhone7以降がジョブズではないデザインです。

http://appleinsider.com/articles/13/04/01/apple-govt-rep-says-next-two-iphones-were-designed-under-steve-jobs

つまりざっくり言えば、7以降はジョブズではないデザインであるがゆえ「ジョブズが生きていたら・・・」という声が多くなってくるわけですが、今回のまるでタピオカのように配置された3つのカメラ、案の定かなり多くの物言いがついております。

ある意味気持ち悪い・おかしいという点は、斬新なデザインであると言えるのかもしれませんが、本当にジョブズが生きていたらどのようなデザインとなっていたのかは見てみたいものですね。

まるでタピオカみたいと、不満爆発のiPhone11

もしかしたら「iPhone」そのものが過去の遺産となり、違うシリーズが生み出されていたのかもしれませんが。



画像が見られない場合はこちら
iPhone11「ジョブズが生きていたら・・・」ファン落胆の声続出