一般人の感覚では完全なカツアゲにしか見えませんが、日本国政府としてどのような返答を行うのでしょうか?詳細は以下から。

アメリカ合衆国トランプ大統領が公約のひとつに掲げていたメキシコとの国境に建設する壁について、その費用を在外米軍基地の予算が転用されることになっています。

それ自体はアメリカ合衆国内の予算の使い方のため、基地を置く同盟国であってもどこまで口出しできるかについては議論の別れるところ。ですが、転用して足りなくなった米軍基地の予算をさらに負担しろと求められれば話は少し違ってきます。

米国防総省は壁の建設費を米軍が駐留する海外19か国の基地の予算から約18億ドルを転用することを決定。在日米軍の基地からも格納庫の建設費などのために日本円で約430億円が転用される事になりました。

これについて国防総省のホフマン報道官が9月9日、「エスパー国防長官はこれまでも同盟国とさらなる負担の増加に向けて議論してきた」と述べ、同盟国が負担の増加に応じる必要があると改めて強調。

加えて「もし同盟国が自国のアメリカ軍基地への予算を増やしたければ、自分たちで支払うことを検討するだろう」と述べ、同盟国自身が転用された予算を穴埋めすることも検討するべきだとの考えを示しました。

岩屋防衛大臣は記者会見で「アメリカ側からは、予算の転用について、『沖縄に駐留する海兵隊グアム移転に影響を与えるものではなく、再編計画へのコミットメントは不変である』との説明を受けている。引き続き、日米間でも緊密に協力して、グアムへの移転事業に取り組んでいきたい」と述べていますが、穴埋めについてはコメントしていない模様です。

当然ですが、この穴埋めに使われる追加分の負担も「日本人の税金」からひねり出されることになります。

(Photo by BBC World Service, rey perezoso

【「メキシコ国境の壁建設に在日米軍基地の予算転用したけど、穴埋めは日本よろしく」米国防総省が要求へ】を全て見る

「メキシコ国境の壁建設に在日米軍基地の予算転用したけど、穴埋めは日本よろしく」米国防総省が要求へ