アイドルグループHKT48の豊永阿紀が10日に自身のアメブロを更新。1年前にヘアドネーションしていたことを明かした。

豊永阿紀公式サイトよりスクリーンショット
 この日豊永は「髪を短くしてから1年!」と述べ「もしかすると、いま読んでくださっている方の中にもロングだったの??という方がいらっしゃるかもしれないですね~~当時はHKT内最長だったんですよ~~(豊永調べ)」とロングヘアの写真を公開、「これは1年前の昨日の写真」「初めてのところで切ったなあ。」と当時を振り返った。

 また「この時の私、というか昇格した時くらいからかな」「走っても走っても堂々巡りというか、どこか風通しが悪いように思ってて、悩むくせに、プライドだけは高いから核心には触れず、カッコつけで、女々しくて。そんな自分が嫌で、なにか変わりたいなって思って、思いついたのが髪を切る!でした。」とばっさりとショートカットにした自身の写真を公開。

 「だからって劇的に何かが変わるわけではないし、これがきっかけじゃないのかもしれないけど、靄が晴れるみたいにスッキリしたことだけは確かで、今の自分好きだし、よかったなぁ~って思います。」とつづり「で、どうせ切るなら有効活用したいじゃないですか。数年は一緒に過ごしてきた髪たちだし。というわけで、切った髪はヘアドネーションしました!」と明かした。

 続けて「賛同と表明している美容室ではなかったけれど、優しく対応してくださいました。言ってみるもんですね。感謝。ゴムで束ねてから切るから、一回はこんなおかっぱだったのよ~~」と髪をざっくりと切った直後の写真も公開、「ヘアドネーションというのは、病気や事故で頭髪を無くした子どもたちに無償でそのウィッグを提供する活動なんですが、そこで使ってもらいたいなと思ってそうしました。」と語った。

 これに対してファンからは「切った髪の毛をヘアドネーションに提供したというのはすごいな」「そういう経緯で髪の毛バッサリいったんすねぇ」「ロングヘアのあきちゃんもいいね」「こうして改めて存在を広めたりっていう行為が出来る豊永さんが本当に偉くて自慢です」などのコメントが寄せられている。
 

▶結婚?別れ?悩めるカップルが結論を出す7日間の旅『さよならプロポーズ』(Abemaビデオで配信中)

HKT48・豊永阿紀、1年前に行ったヘアドネーション「どうせ切るなら有効活用したい」