[記事提供:ホワイトホワイトビューティー東京(https://whitebeauty.tokyo/)]

 みなさんは酸蝕症という言葉を聞いたことがありますか?

お口の中の病気で最も多く、代表的なものが歯周病と虫歯ですが、いま歯周病と虫歯に次ぐ第3の疾患として話題となっているのが酸蝕症という病気です。

実は、日本人の4人に1人はこの酸蝕症にかかっていると言われています。

今回は酸蝕症について、歯科医師が詳しく解説していきたいと思います。

歯が溶ける!?酸蝕症ってどんな病気?


酸蝕症とは強い酸によって歯が溶けたり、欠けてしまう病気です。

歯は本来エナメル質というかたい組織で守られていますが、常習的に酸に歯が触れることによってエナメル質が溶けて、歯がもろくなってしまいます。

酸蝕症は従来では強い酸を扱うメッキ工場の職員などの職業病の一つでしたが、健康ブームでお酢やフルーツなどの酸の強い食べ物の摂取量が増えたことなどにより、酸蝕症の患者さまの数が増加傾向にあります。

また、夏場は熱中症予防のためにスポーツ飲料をよく飲むかと思います。実はスポーツ飲料も、酸蝕症の原因のひとつ。

お酢や酸味の強いフルーツスポーツ飲料は酸性の強い食品のため、習慣的に摂取することで歯を溶かしてしまうことがあります。

そのほか胃の中にある胃酸は強い酸性のため、逆流性食道炎に罹患している方や摂食障害で吐き戻しを行う方は酸蝕症のリスクが高まります。

・合わせて読みたい→
アスリートは歯が命!スポーツパフォーマンスとお口の意外と深い関係(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/teeth-are-important-for-athletes/)

酸蝕症になるとどうなるの?気になる酸蝕症の症状

虫歯は虫歯に罹患した歯にだけ症状が出ますが、酸蝕症はお口全体に症状が出るのが特徴です。

全体的に歯が溶けたり、次々に歯が欠けてしまうこともあります。

酸蝕症の主な症状をご紹介します。

・前歯が全体的に短くなる
・歯が欠ける
・歯が薄くなる
・歯が溶けて象牙質が露出する
・詰め物と歯の間に隙間ができる
・歯に穴が開く
・冷たいものがしみたり知覚過敏の症状が出る

酸蝕症に効果的な予防法

酸蝕症を予防する方法についてご紹介します。

① 食生活の改善、ダラダラ食べをしない
酸の多い食品を常習的に食べている場合、食生活を見直しましょう。

健康のために寝る前にお酢等を飲んでいる場合などは、特に寝ている間に歯が溶けてしまうリスクが上がるので、夜はサプリメントに変えるなど歯に優しい食品に置き換えることもおススメです。

また、ダラダラと長い時間をかけてお菓子や食事、ジュースなどを食べたり飲んだりする習慣は歯が酸に触れる時間が長くなるため、歯が溶けやすくなってしまいます。

食事や間食の摂り方を見直し、食後は歯磨きか口をゆすぐ習慣を身につけましょう。

② 酸の強い食品を食べたら口をゆすぐ、ストローを使用する

酸味の強い食品を食べた後は口をゆすぐ習慣を付けていただくと、お口の中の酸を少なくすることができます。

また、酸っぱい飲み物などを飲む時はストローを使うのもおススメです。歯に酸がふれる時間や回数を少なくすることができます。

③ 噛む回数を増やしたりガムを噛んで唾液の分泌を施す
唾液には酸を洗い流したり、酸味を薄める効果があります。

普段からよく噛むことを意識したり、ガムを噛む習慣を身に着けると、唾液の分泌量がアップします。

唾液量が増えることで、酸性の強い食事や飲み物を摂取しても歯のダメージを抑えることができます。

逆流性食道炎や摂食障害の場合は専門病院を受診する
逆流性食道炎や吐き戻しの習慣のある拒食症の疑いがある場合は、専門の病院に早めに相談しましょう。

根本的な要因を早期に治療することで酸蝕症だけでなく、全身の様々な健康問題のリスクを低くすることができます。

酸蝕症の治療法

続いては、酸蝕症の治療についてみていきましょう。

① 溶けたり欠けた歯の治療
酸蝕症によって歯が溶けたり欠けてしまった場合や、酸蝕症により詰め物と歯の間に隙間ができてしまった場合は、被せ物や詰め物の治療を行う必要があります。

歯が薄くなったり脆くなったまま放置すると、虫歯や神経の炎症のリスクが上がってしまうので早めに歯医者さんで治療をするようにしましょう。

② 知覚過敏の治療
酸蝕症によって冷たいものがしみたり、知覚過敏の症状がある場合は歯医者さんで知覚過敏の治療を行ってもらうことをおススメします。

歯がもろくなっているところを強化したり、知覚過敏の薬を塗ってもらうことで、歯がキーンとしみる症状を緩和することができます。

③ 軽度の酸蝕症の場合はフッ素塗布
軽度の酸蝕症の場合は、定期的に歯医者さんでフッ素を塗ってもらうことで、歯が欠けたり脆くなる前に酸蝕症の進行を抑えることができます。

また、このときイオン導入によりフッ素の処置を行うと、フッ素の吸収がアップしてより高い歯質の強化効果が期待できます。

酸蝕症の治療にはセラミック治療がおススメ

酸蝕症で歯が欠けたり溶けてしまったところの修復には、セラミック治療がおススメです。

セラミック治療のメリットについてご紹介します。

オールセラミックなら金属を一切使用せず身体に優しい
金属を一切使用しないオールセラミックによる治療なら、金属アレルギーや金属が体内に蓄積する心配がありません。

また、セラミックは表面がツルツルなので汚れが付きにくく、清潔に保つことができます。

② セラミックは酸に溶けたり変色する心配がない
金属の被せ物や詰め物の場合、時間とともに唾液に溶かされ、歯と詰め物の間に隙間が生じてしまことがあります。

また、保険の白いコンポジットレジンと呼ばれる詰め物は吸水性のため、時間とともに変色してしまうことがあります。

一方、セラミックは変色や着色の心配がないので、長く美しい口もとをキープしていただけます。

③ 虫歯の再発リスクが少ない

金属の詰め物は時間と共に唾液に溶かされ、歯と詰め物の間にすき間が生じてしまいます。歯と詰め物の間にすき間ができることで、そのすき間に虫歯が発生してしまうことが多々あります。

特に詰め物の下にできた虫歯は見つけにくく、気が付いたときには虫歯が大きく広がっていることも少なくありません。神経の処置が必要になったり最悪の場合は歯を抜かなければならない、なんてことも。

一方でセラミック治療の場合、歯質とセラミックを長期的にみてもしっかりと接着できる接着剤を使用します。歯とセラミックの間にすき間を生じずにぴったりとくっつけることができるので、虫歯のリスクを減らすことができます。

オールセラミックなら歯ぐきが変色する心配がない
金属の被せ物は溶け出して歯ぐきに浸透してしまうことがあります。

歯ぐきに浸透した金属は、歯ぐきを黒く染めたり着色の原因となります。

一方でオールセラミッククラウンメタルフリーなので、歯茎を黒く染める心配がありません。

長期的に見ても本来の歯ぐきのお色のままキープすることができます。

⑤ 透明感のある天然歯と変わらない美しさを実現

セラミックの魅力は、何といってもその「透明感」と「美しさ」です。

オールセラミッククラウンなら歯ぐきの際まで美しく、まわりの歯と調和した白さと透明感を実現できます。

また、金属不使用なので大きくお口を開けても裏側から金属が見える心配もありません。

金属の上に白い材料を重ねた被せ物での場合、厚みが増して大きな被せ物になってしまことがありますが、オールセラミッククラウンならまわりの歯と調和した天然歯と変わらない薄さの歯に仕上げることができます。

まとめ

今回は、意外と多い酸蝕症の原因と治療法について詳しくみていきました。

ホワイトホワイトビューティーでは酸蝕症で溶けてしまった・欠けてしまった歯を美しく修復するセラミック治療を行っております。

無料写メ相談も行っておりますので、「欠けてしまった歯の治療費用はどれくらい?」「酸蝕症の治療について詳しく知りたい」など、お気軽にご相談ください。

あなたに合った治療をご一緒に考えていきましょう。

[記事提供:ホワイトホワイトビューティー東京(https://whitebeauty.tokyo/)]

監修:石井先生
記事提供:ホワイトホワイトビューティー
クリニックホワイトホワイトデンタルクリニック
店舗:恵比寿本店・LUMINE新宿店・LUMINE有楽町店(全店舗駅から徒歩1分以内)

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

【意外と知らない】歯が溶ける!?日本人の4人に1人がかかっている酸蝕症とは