米オハイオ州シンシナティ動物園で生まれた、生後7週間の赤ちゃんチーターがなんともカワイイしぐさを披露しています。

【画像:ぬいぐるみに興味を示すチーター】

 彼女の名前は「クリス」。新しい環境に慣れさせるために、キャットアンバサダー・プログラムチームと新しいお部屋にやってきました。まるで子猫のようにやんちゃで遊び好きクリスちゃんは、新しく訪れた部屋を探索中です。

 最初は緊張気味ですが、だんだん慣れてきて、人形で遊んだり、じゃれてふざけたりしている様子はまるで子猫のようです!

 チーターは地球上でもっとも速く走る動物として子どもたちにも大人気ですが、絶滅危惧種として指定されている動物です。

 まだ幼く無邪気なクリスちゃんはチーターアンバサダーとして、これから訪れる観光客や学生に、絶滅の危機にひんしているチーターの状況や、それを乗り越えるためにどのような取り組みをしているかを教える重要な役割を与えられています。

新しい場所だ、なんだか緊張するなあ……