11日に最終回を迎えたドラマ『偽装不倫』(日本テレビ系)の公式インスタグラムが、最終回の数日前からクランクアップショットを次々と投稿。各出演者のコメントも掲載し、10話に渡るドラマを振り返っている。

【写真】杏、仲間由紀恵、谷原章介、宮沢氷魚…『偽装不倫』豪華クランクアップショット集

 同アカウントは、本作の主人公・鐘子(杏)の親友であるまさ子役を演じた田中道子、父・幸一役の伊沢弘、母・みき子役の朝加真由美、そして鐘子と恋に落ちる丈(宮沢氷魚)の姉・灯里を演じたMEGUMI、その下で働く恵梨香役の夏子と豪華キャストクランクアップショットが目白押し。それぞれ花束を抱え、にっこりと明るい笑顔を見せている。

 続いて、丈の主治医である一ノ瀬役の眞島秀和、鐘子にアタックするイケメン御曹司・藤堂役の桐山漣と、脇役ながら重要なキャラクターであった2人が登場。2人とも笑顔で撮影に応じ、感謝の気持ちを語った。

 そして最終回放送終了後には、主要キャストの杏、仲間由紀恵、宮沢、谷原章介、瀬戸利樹のクランクアップショットも。今回、出産後初にして、約4年ぶりに主演で連続ドラマ復帰を果たした杏が「みんなに何かしら迷惑をかけてしまうんじゃないのかなって思っていたんですけど…。みんなで力を合わせて、乗り越えることができてよかったなと思っています」などと涙ながらにあいさつしたことを報告している。

 コメント欄には、役柄に対する思いや最終回に対する感想が殺到。「スピンオフ見たい」といった要望や、早くも「偽装不倫ロス」を訴える声も。また、「その後の濱家をスペシャルで」「また皆さんに会いたい」といった続編を期待する声も数多く寄せられている。

引用:ドラマ『偽装不倫』インスタグラム(@gisou_ntv

 ※ドラマ『偽装不倫』インスタグラム