高校生のときに紙に大量に描いていた「うさぎ」のキャラクターを、親がハンカチに刺しゅうしてくれたというエピソードTwitterで話題になっています。うさぎちゃんかわいい

【画像】昔描いた大量のうさぎ

 投稿者さんいわく、このうさぎの絵は「高校生のときに多分病んでて描きまくってた」そうで、なぜ描いたのかは覚えていないそうですが、とにかく大量に描いて親の部屋のドアに貼り付けていたそうです。

 すると、気づいたらお母さまがハンカチに刺しゅうしていて、急に渡されたのもあって死ぬほど笑ったという投稿者さん。元々は少しネガティブな思い出ですが、グッズ化してステキでかわいいキャラクターに変えているのにほっこり。ちなみに、お母さまは自分用に2つ作っていたとのこと。お気に入りになってる!

 なお、元の絵のうさぎちゃんは耳や顔のパーツがやや右に寄っており、刺しゅう繍ではそれをさらにデフォルメした感じに。また目も元絵よりニッコニコに変わっていて、お母さまの心情が伝わってくるようです。

 コメントでは大量に描かれた元絵の“うさぎちゃん”と刺しゅうに「中毒性ある」「かわいい」「商品化まったなし」の声が寄せられ6万いいねが集まる人気に。シンプルな線で描かれたうさぎキャラは誰しも生み出したことがあると言っても過言ではありませんが、見れば見るほどジワジワくるうさぎちゃんでした。

画像提供:@Qum_gnuさん

お母さまによってまさかの刺しゅう繍に……!