今夏も選手の移籍に関して、多額の資金が動いたサッカー界。そんな中、代理人が詐欺容疑で拘束されたようだ。イギリスBBC』が報じた。

今回逮捕されたのは、代理人を務めるクリストフ・ヘンロタイ氏と、その仲間のベルギー人とのこと。10日、11日にそれぞれ拘束されたとのことだ。

ヘンロタイ氏は、セルビア代表FWアレクサンダル・ミトロビッチの代理人を務めていたが、今回逮捕された理由は2015年の選手の移籍に関して。アンデルレヒトからニューカッスルにミトロビッチ1800万ユーロ(約21億4300万円)で移籍した件で、調査が進み今回モナコで拘束されたようだ。

当局は今回の拘束に関して、「事実として、サッカー選手の移籍に関してマネーロンダリングと私的な汚職に関係している」とコメントロンドンでも捜索が行われ、ベルギーでの調査にも関与しているとのことだ。

ヘンロタイ氏は、ミトロビッチ以外にも、レアル・マドリーベルギー代表GKティボー・クルトワや、大連一方のMFヤニク・フェレイラカラスコロイヤル・アントワープベルギー代表FWケビン・ミララスなどの代理人を務めており、過去にはロメル・ルカクユーリ・ティーレマンスなども担当。ベルギー屈指の代理人として知られているが、2018年10月にも選手の移籍によりマネーロンダリングを告発されていた過去がある。

サムネイル画像